« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

ふと見下げたら・・・

081129_132601

ふらりマイマンションの玄関を出て、

いつもなら空を見上げて天気をみる。

いい天気かな・・・と思っても、体調はよろしくない。

だから、つい下を向く。

と、なんとうちの隣にすてきな紅葉がmaple

見上げてばかりいないで、

たまには下を見おろすのも悪くなかった。

我が家は神社のすぐそば。

もともとうちも都会の一軒家で庭があり、

そこにはいろんな木や果実、そして食材になる無農薬野菜。

もちろん、季節感も楽しめる庭だった。

でもあの頃には戻らないんだな・・・これ、現実。

市内では森のような公園がない。

空中写真とか見れば東京よりも緑がすくない大阪市。

御堂筋のイチョウなんてわからないくらいだ。

前のままのお庭のある家がよかったなぁ。。。

我が家で風情を感じれたのに。

ちょっとモノ寂しい1日だった。

石鹸(石けん)の通信販売/藍色工房 機能性食品としても優れた国産天然素材だけを使った高級味噌。今まで有名百貨店でしか扱われなかったお味噌がネット初登場です。

コネタマ参加中: こっそり教えて!「穴場の紅葉スポット」

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月29日 (土)

学生の内定取り消し炸裂時代

2次ベビーブームの自分らの世代、
あえて大学の進学をやめた。
理由は、受験戦争に負けた、とかではない。
(当時は英語の成績が芳しくなかったのは認めるがあせあせ(飛び散る汗)
ちょうどバブルがはじけはじめた頃。

行きたい大学には事情があり親に反対されたため、
あえて高卒で今のうちに就職、と即決め。
あまりの急展開に親にも学校の先生にも言われたが、
公務員に無事合格。
たしか倍率48倍。
それでよかった。
いろんなことも知れたし、
我ながら自画自賛のひととき。
まさか郵便配達の現場から支社までいくとは思わなかったが…


今更だろうが、これだけ世間を騒がせた公務員騒動、
低賃金が明らかになって旨味を感じなくなったのか、
一般企業に絞って次から次へと3回生から職選び。
で、実際は公務員試験は倍率が低かった。

まあ、まさか…と思っている学生も多いだろうが、
もっと時代の先を詠んで欲しい。
美味しい汁ほど危ないモノはない、という自覚。
せっかく学生なんだから研究課題をしっかりしないと、
日本が廃れる。
これも国が悪いっちゃそうだけど、
そんな責任、誰もとってはくれないのが現実。

なんせ突然の世界恐慌。
備えあれば憂いなし、とは言うものの、
内定を蹴飛ばしてまでもっといいところを求めるなんて
自分からしたら欲どおしいはなし。
みーんな「まさか」なわけ。
大人もそう。

驚いて凹むくらいならとことん技を磨くか、
自分で知恵をいっぱい絞って何かを創り出せ、と思ったり。
凹まないならどんどん突き進んでいけばいいけど。
精神的に病んでしまってほしくないと願うばかり。

実際、在りえないほどのマネーゲームが起こっている現実、
これからは自分の糧こそ大事だと思う。
(糧とは農業という意味で。食があるから生きれる)
大手に就職したからって安心はできない。
「高卒のくせに」と言われそうだが、
本気で勉強するなら後からでも学生にはなれるんだから。

でも夢は持ってほしいと思う。
しかし先日会った学生の覇気のなさにショックを受けたばかり。
そういった意味では将来が不安になる。

夢は宝くじ…しかないのか???
当たっても使う時代じゃなさそうだ。

寄付、募金のお願い:世界の貧しい国の子供たちをご支援下さい。 防災グッズ・防災グッツ通販 地震防災ネット ヘルシーライフでアンチ・メタボをめざす医療健康情報サイト「セルフケア&キュア」

コネタマ参加中: 「年末ジャンボ3億円」当たったら何に使う?

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

100%見られてた???

一度、全消去された過去がある自分の携帯電話。
水没させたわけではない。
もう10年ほど昔のはなしだが、
ようやくナンバーディスプレイに名前が表示されるようになった頃。
もちろん、メールなど存在してなかった。
着信で名前が出る、ってありがたく感じてた。

そんな頃にいた彼女、
ある日、車を走らせてる途中、
「喉が渇いたから何か買ってきて」
と言われ、コンビニへ。

買い終わって戻ってきてコーヒーを飲んでいると、
ディスプレイには見覚えのある番号から電話が鳴る。
「はい、もしもし・・・」
母だった。
確か登録していたはずなのに…と電話帳を開くと、
なんと登録件数「0」に。

そういえば彼女が携帯電話をいじってたのを思い出し、
「何かした?」と尋ねる。
「いや、別に。触ってないし」
いやいや、完全にウソ。
大事なお客様の番号も入れていたのにパー。

さすがに怒ったら、
「女の人の名前があったから消した」
だって。
何も全部消さなくても…自分は半泣き。
「また聞いたらいいやん」
「他にも女、めっちゃおるやん。だましてるやろ!」
女友達ならまだしも、お客様の個人携帯番号を消されたのが痛い。
なんか逆ギレされた思い出。

翌日から順にお客様に頭を下げて聞きなおす羽目に。
無駄な時間を過ごした覚えがある。
結局、彼女が先日の日記にもふれたストーカーちゃん。
何故、そんなに疑うのか、よく分らない。

まあ、それ以降、そんなこともないわけで、
疑わしいこともしていないからロックもかけてなかったが・・・



さぁ、私は誰に聞いているんでしょうたらーっ(汗)
覗くほどの価値もないか…


そんなわけで(どんなわけか分らないが)久々に病院へ。
さすがの頭痛の激しさにヘルプする。
「これ(痛み止め)、飲んで全然効かないなら、
これ以上きついのを出しても効かないよ」

そ、そんなぁげっそり
「もっと身体を休ませないと…」
「いや、先生、休ませ続けても痛みが取れないんですよぉ」
やっぱり冬眠100%確定か?

土曜日に大事な案件があるだけに、
その日だけはなんとかしたい。
打ち合わせ中、相方曰く、
調子が悪くなる前兆が分かるという。
目も開けてられないほどつらいのがバレてた。
「しんどくなったら相手をいつも睨みつけてる」
んだそうだ。

こりゃ印象悪い…
それを医師に話すと、
「じゃ、これ3錠だけ出しておくけど、ほんと万が一のためね」
と出してくれた。
かなり危ないんだろうな、と思いながら喜ぶ自分。

しかし脳脊髄液減少症って厄介だ。。。
土日で1錠ずつは確定。
さあ残りの1錠はいつになるのやら・・・

トンガ産モズク100%使用のフコイダン アジア・アフリカの貧しい国の子供たちへの寄付、募金をお願いします。 ヘルシーライフでアンチ・メタボをめざす医療健康情報サイト「セルフケア&キュア」

コネタマ参加中: 携帯'08年秋冬モデル登場! どれが欲しい?

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

雨はつらい

ずっと病院に行かずに久々に行く。

なかなか行けなかったついでにインフルエンザの予防接種

ただでさえ痛がりなのだが、

「採血もするから」だって。

1つの針で済まないため、

違う箇所を射されるわけで…

今日最後の患者が自分。

看護婦さんが言った。

「クライマックスにしんさんとは…」

で、ブスッと。

いてーっannoy←別に怒ってないけど痛みのつもり。

いつもどおりに病院中に自分の叫び声がこだまする。

生きてる、と痛感した。

これは幸せなのかなぁclover

結婚式・誕生日・還暦のプレゼント カントリー雑貨、ラガディ・アン&アンディ商品をはじめガーデニンググッズ等、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなる商品がいっぱいです。

コネタマ参加中: 今日のクライマックス

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

ちょっと振り返る

病気にならない生き方 病気にならない生き方

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

いままで生きてきた35年と数カ月、
山あり谷あり…
人に言わせれば自ら引き込んだものという。

恋愛遍歴なんかよりも人生遍歴が並みじゃない。
七転び八起き…
まあ7回死にかけて8回息を吹き返した男。
その代償が現在の抱える症状。

それでも生きて天国に行きかけて、
気分は地獄を味わって精神的には怖いものなしにはなったのだが、
A型のおとめ座、ロマンチストなだけに、
ロマンが浪漫(ろうまん)化してはかなき夢と散ることも多々。


あ、気づくともう11月もおわり。
今年を振り返る時期なんだな…

おじいちゃんの死、これが一番影響が大きかった。
夢、断たれた瞬間みたいなもの。

目標をなんかなくしてしまった気分になり、
気力がなくなるというか、
ショックは大きかったのはたしか。

でも回想すると、
「人のために役立つことをせんばいかんよ」
という小さい頃に言われた言葉を思い出す。

それで役に立ってきたのか、
自問自答中。

自分を後回しにしてきた今まで。
命かけて阪神大震災で人を救うが、自分が生き埋め。
でも死なないまま。

「絶対偽善者や!そんなんあり得へんし」
と、罵倒されたこともある。
これは冗談、と言われながらもショックは大きかった。
元カノ。
冗談で言っていいこと、悪いこと、
他人ならそうもあるが、これは理解してもらえず辛かったなぁ。
実際、見返りなんて求めたこともない。

そんなことも郵政時代にあったもんだ。
真面目に国民の奉仕者、という国家公務員として働いてきたつもり。
それがエスカレートしたわけではないが、
6年前、交差点で停車中にトラックに突進されて3年間の入院生活。
まあ、それでも生きてるわけで…

毎日が暗いMAX???

証拠を自動録画「ロードヴューイーグル」 証拠を自動録画「ロードヴューイーグル」
販売元:夢みつけ隊
夢みつけ隊で詳細を確認する

TREview

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

どうしても売らないといけない?

携帯電話、どんどんモデルチェンジ化されるが、

はたしてそれだけ替える気になるのだろうか。

たしかに携帯自身が肌身離さずもつアイテムとなっている。

でも最近の携帯は昔の携帯よりバッテリーの持ちが悪いdown

自分はヘビーユーザー。

毎月4万円近く使用。

ポイントはガンガンたまるが、

あえて替えるとまたその機種の分からないことを覚えなおさなければならない。

さらにどんどん多機能化していき、

使うことのなさげなものが色々とついてる。

それが電気、食うんだな・・・

多機能じゃなくていいから、

必要なアイテムだけをチョイス出来たらいいのに。。。

そしたら機種代も安いんじゃないのかなぁ。

エレコム 携帯電話用USB充電&データ転送ケーブル/ストラップバイプ au WIN対応 [MPA-STCWUSB/BK] エレコム 携帯電話用USB充電&データ転送ケーブル/ストラップバイプ au WIN対応 [MPA-STCWUSB/BK]
販売元:PC EXPRESS Yahoo!SHOP
PC EXPRESS Yahoo!SHOPで詳細を確認する
携帯電話用 データ転送 USB ケーブル au WIN 対応 PCとデータのやり取り 0.2m【MPA-BTWUSB/BK】エレコム 携帯電話用 データ転送 USB ケーブル au WIN 対応 PCとデータのやり取り 0.2m【MPA-BTWUSB/BK】エレコム
販売元:エレコムダイレクトショップ
エレコムダイレクトショップで詳細を確認する

コネタマ参加中: 携帯'08年秋冬モデル登場! どれが欲しい?

TREview

| | コメント (0)

アレルギーを最小限に抑えるためには…

花粉症・ぜんそくなどのアレルギー。
20世紀後半、先進国で激増。
周囲でもすごい。
目をこすったり、くしゃみをしたり…
花粉症だけで3800万人もの日本人が患う病となった。

たまたまNHKを見てたのだが、
急増の原因は花粉・ダニの増加、大気汚染と考えられてきたが、
意外な原因があることがわかってきた。

南ドイツで、農家と非農家の子供の家のホコリを集め、
「エンドトキシン」と呼ばれる細菌成分の量を調べたところ、
それが多い農家の子ほど花粉症とぜんそくを発症していなかった。

エンドトキシンは乳幼児期に曝露が少ないと、
免疫システムが成熟できず、アレルギー体質になる。

農家のエンドトキシンの最大の発生源は家畜の糞。
糞に触れることのない清潔な社会がアレルギーを生んだとも言える。

ヒトの免疫システムが完成したのは2億年前。
ほ乳類にはは虫類のようなウロコや固い皮膚がなく、
外敵の攻撃を受けやすかった。
しかし新しい免疫システムを獲得したほ乳類は、
IgEと呼ばれる免疫物質によって外敵を撃退できるようになっていた。

IgEとエンドトキシン、
細菌やウイルスなどに対する強力な武器、免疫システム。
この免疫を作るために予防接種ができるようになるかもしれない。

今の現代人はそういった自然に触れることがなかっただけに、
アレルギーが発症しやすい。
物心がつく子供になってからでは手遅れになる可能性もあるらしい。

これからお母さんになる人、または1~2歳までの乳幼児を持つ場合、
赤子のうちに農場で戯れてエンドトキシンを体内に摂りこむことで、
アレルギーの発症を最小限に抑えることが可能らしい。
家のペットではダメらしい、残念ながら。

一見、汚いような話だが、
清潔感を保とうとする現代人にとって、
体内の免疫が追いつかないため、アレルギーが発症しやすい。
そして回虫やぎょう虫が体内からいなくなった今、
そういった免疫力の低下、退化が著しい。

パーセンテージでいえば、
赤子のうちからエンドトキシンを取り込んでいた赤子は15%、
そうでなかった赤子が大人になるまでに70%の割合で、
発症の確率からして大きな差が出ている。

あいにく自分は都会のど真ん中に住んでいたものの、
長崎の田舎で赤子のうちから家畜の牛や豚と戯れていた。
おかげでぜんそくや花粉症にならないのはそのおかげだと思っている。

アトピーについては改善策が出来つつあるが、
花粉症にはまだない。

これからの将来の新しい命のためにも、
子供が出来たら家畜農家や牧場で戯れると救われそう。



しかしここ数日、頭痛がとれない(これは自分ごと)。
こんな時に書こうか迷いながらも、
知らない人がいたら是非、伝えてほしい。
絶対とはいいきれないが、
データではそこまで立証されたのだから、
やって損はないだろう。

ちょっとは役に立つだろうか…

ブレスト 給気口用フィルター・エリア 専用アレルゲンタンパク無害化フィルター10枚入 FA10 Kitchen ブレスト 給気口用フィルター・エリア 専用アレルゲンタンパク無害化フィルター10枚入 FA10

販売元:ブレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

花粉症に勝ったよ!一円も使わずに完治させた体験談!
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

相棒です。

今年の冬は倒れるもんか!!

…という思いに、自分の支えを求めて出かける。

それが相棒、まあいわゆる「杖」です。
2本足で倒れる手前を未然に防ごう、という気合だけ。

これで3本目の足を確保。
少しは迷惑かけないで済みました…

高校時代の恩師とその仲間たちで散策。
まさか急にこんなに冷えるとは思わなかったが、
久々に会えたし、出かけた甲斐があった。

参加することに意義がある。
途中で離脱はしたけれど…
年齢ゆえ、杖ついてたら変かなぁ?


あとは4本目の足が欲しい。

それって…心の支え。

ちょっとだけ欲望(欲棒)日記でした。

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

ぬくもりコミュニケーション

先日、ちょっとしたライブへ誘われて行ってきた。
そこで出会った19歳の男の子。
誘った人のそばにもいたので、
終わったあと、一緒に食事へ行くことに。

色々話をしようとするが、
何も答えない。
多少の反応はあるのだが、
明確な答えが返ってこない。

ずっとそばにいるから食事に、と誘ったわけだが、
ついてきたものの食べない。
「何も食べないの?」
「いいっす」
「何か食べーや」
「いや、いいっす」

こちらの本音としたら、
ついてこなくていいじゃないか、と思ったが、
あえてそれを抑えながら過ごす。
「普段、何食べてる?」
「いや、べつに」
「断食中?」
「いや、べつに」
「お金がないの?気にせんでええから」
「いや、あります」

自分もそんな持ってるわけではないが、
不可解でならない。
長々と過ごして、
結局、彼の分ったことは19歳、学生、夢がない、目を合わさない、
家族と同居、自ら語らない、以上。

その別れ際に衝撃が走る。
何も食べずにずっといたわけだし、さすがに聞く。
「なんかうどんでも食うか?」
「何でですか?」

な…「何で」って、なんで???
そんな答えが返ってくるとは驚いた。
意味が分からない。
一緒にいた27歳の子も驚く。
心配して聞いたことが「何で?」って返ってくるとは。
35のおじさん(自分)はカルチャーショックを真に受けた。
コミュニケーションにならない。



なくなって寂しいもの、
日本は先進国で色々と普及、進化してこうなったのだが、
こういった若者がいるということはモノよりも大切なものをなくしてしまっているような気がする。

手紙、公衆電話、近所付き合い等など挙がっているが、
便利だから消えてしまったものではある。
しかし、何がなくなったかといえば、
やはりコミュニケーションや心、温もりに欠けているような気がする。

だから起きたのか、引きこもりとか…
でも彼は出てはきたからひきこもりでないと思いたい。
だが、社会に適応できない若者が増えているような感じ。

身近にあるのが携帯でのメール。
こちらは時間がないことが多い時に限って質問系のメールが来る。
「これってどうしたらいいの?」
「それは、ああでこうで・・・なんよ」
相手は短文、こちらは長文。
「じゃあ、○○はどうしたらいいの?」
「○○はああでこうで・・・・」
時間がかかって仕方がない。
だから思わず電話をしてしまう。

すぐ済む案件がだらだらと続くと次に進まない。
そんな状態でいながらすぐ電話をかけたのに取らない。
留守電に電話でかけて聞いてくれ、と要請。
しばらくしてまたメールが入る。
「電話代かかるからメールでお願いします」
「留守電、聞くのもお金がかかるから入れないでください」

おーい…
電話だと5分もかからないことが、
そんなやりとりで1時間以上もかかる。
勘弁してくれ…
プチプチメールしてたらバッテリーが先になくなるわけで、
こちらは出先だとどうしようもなくなる。

Time is moneyだというのに。
それさえも寸断されてしまう。
自分も一瞬、こんなやつ、放っておこうとも思ったりするが、
それも出来ないのが自分の性。

パケット定額制が導入されてからこればかり。
ソフトバンク同士、PHS同士は無料が出ているが、
他者の端末ではそうはいかないため、
人によっては2台も3台以上も持つハメになるが、
結果的には何台も持っている方が高くつくわけで、
同時に鳴っても困るので自分はプライベートと仕事の2台を使うのみ。

携帯電話会社のマジックにかかって、
結果的にこうなっている。
ましてや不況。
このままだと先進国といいながらも廃れていくような気がしてならない。

何が足りない?
自分の中では絶対的にココロ、ぬくもり。
それがなくなりつつあるだけに、
行き場を最終的に失ってしまった者が、
「誰でもよかった」殺人を引き起こしている。
結局、構った欲しかった、誰かに聞いてもらいたかった、
という心理があるわけだから、
もっと大切にしてもらいたいのは
「ぬくもりコミュニケーション」と思っている。

このご時世だけに安定などない。
夢はあってもいい。
でも、知識もなく身の丈以上のことをする(FXなど)と、
財産もなくなって精神不安定になっている人も多いような気もする。

オフショアファンドなんかの話も飛び交って、
まんまと乗る人もいる。
日本から海外に住む人ならいいが、
そんな気もなく税金を払わず貯蓄できる、
と思っている勘違いな人も多い。
それで老後が安泰すると思っている人がいるのも事実。

「すごく儲かる話があるんですよ」
と、言ってくる人がいるが、
現実を知ってするならいいけど、
そうじゃないのに話を持ちかけてくる人も多数。
仕掛け人と一般人は世界が違うことを分からないと。

資本主義にみんなが儲かるわけはない。
儲かる人がいれば損する人もいる。
それをまた国内だけと思っている人もいるが、
どれだけ海外のとある資本の強さが世界を躍らせているか。

よーく考えようー♪
お金が大事ならー♪

というわけで、自分はコツコツといく。

Time is Moneyから
Time is Heartの人生を。

ぬくもりコミュニケーション、
絶対大事。
もっと勉強しなくては…

寒くなったきた…もう冬?
ぬくもりコミュニケーション、大事。
自分がみの虫になる前に…

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

郵政民営化のしわ寄せ

自分は元職員。
結局、14年在籍したが、
公社化した段階で考え始めていた。

というのも、小泉政権が何故そこまでして郵政を潰したかったのか。
何故自分が反対していたのか、
やはり真相を知る人は少ないだろう。

ここに書けば裏話も表話も関係なくなるが、
みんなは郵政をお役所仕立てしすぎ。
それで小泉の意見に同情するのは当然出てくる。

でもここまでして自民党から反対派が出たのは理由ありき。
ましてや離党までしている議員も多数いるのは、
真意を分かっている方たちである。


郵便局がお役所気質…そう思う人は多い。
でも財政面は全く別で、
昔から独立採算制である。
何故、独立採算制で公務員なの?ということに対して、
それは民間では扱えない「信書」というもの、
国民の安全を踏まえた金融事業である。

民営化したことにより、営利に走るのは当然のこと。
守るものなんて何もない。

約10年前に郵便料金の値上げがあった。
それに対しての国民の方が自分にこう言った。
「料金値上げしてお前らの私腹を増やしやがって!」
そう思われても仕方がない。
なんせ肩書ばかりの公務員であったから…

なぜ郵便局が国営という形をとって百十数年やっていたかを
理解する者は少ないと思う。
「あまねく公平なサービスを提供する」からこそ、
成り立ってきた事業である。

国民には都合のいいことしか言わなかった小泉。
ドイツは民営…
島国、日本でそれが出来るのか?

山間部、離島、そんなところに他社は荷物でも配達するのに、
高額な料金をとる。
沖縄は高い。ましてや離島なんかは更に高いか配達不能とする。
何故なら採算が合わないから。
それでも配達していたのは郵便局。
山間部だれ離島だれ、あまねく公平な料金で同じサービスを行う。
これを崩したのが小泉政権。

なんせ人口は都心部に固まっているため、
マスコミや訴えの中で賛同しやすくなる。
なんせ山間部などの地方は人口が少ないので、
意見が通るわけがない。

それが郵便だけならまだしも、
貯金保険にも影響しているのが分かっていないから、
単純に賛同する者が多かったと見る。

まだ自分はこの年齢だが、お年寄りになればどうなる?
年金を受け取って生活できるだけではない。
その年金を金融機関に取りに行き、生活をする。
それを地方では郵便屋さんが無料で地域の格差をなくすために
年金を地方の方々に配達していたのを幾人が知っているのか。

現状、「私には関係ない」
そういう方が多数。
都心で蓄積した大切なお金を地方に回せたのは郵政だけ。
「だったらみんな都会に来ればいいじゃん」
そんな方もいた。

民営化するにあたって小泉は「痛みを伴う政治」をしたわけだが、
その先を見据えていたのかは分らない。
痛みを伴わないっぱなしだったのではないか?

現状、民営化して世界最大規模の民間メガバンクになった。
それは郵便局時代から元々メガバンクであくまでも国営ということ。
「窓口の対応が悪い」
よく聞く声だった。

でもどうだろう。
対応が悪いと言いながらも、
他者の窓口が全て対応がいいわけではなかった。
もちろん、郵便局も「お客様第一主義」という指針を出し、
変わっていく最中でもあった。
それは時代にあったニーズを考えてのこと。

さて、民営化して一番の落とし穴を知っている者が幾人いるか。
元々のメガバンク、
これを安全に運営するために利益を生まなくては還元できない。
それが民営化することによって破たんを招くと、
世界最大の銀行破たんとなる。
そして簡易保険が安くても確実に100%入院などで出ているが、
それもなくなる。
今までは日本国がつぶれない限り保障された商品であること。
それが潰れてもいいのか、といったところだ。

民営化前に公社化した。
そこで行われたのが「トヨタ生産方式」。
これが実は失敗に終わったまま民営化した。
委託先のたくさんの子会社も倒産、廃業に追い込まれ、
機械処理が進み、職員を減らす。

昔なら届けていた間違った住所でも届けたりしていた郵便も
「宛名不完全」で返さなくてはならなくなった。
機械が判別できずに配達不可とする。

自分らは生身の人間。
ココロひとつでどうするか判断できる。
機械とは違う。
だから名前だけ書かれた郵便ですら配達していた。
全ての個人情報を地域に密着した者として全て頭に叩き込んでいたからだ。

それが今では全てアルバイト。
言われたことしかできないわけではないが、
そういった郵便物に対して聞く人がいない。
そう、職員を削減したから。
そして郵便局員同士の先輩から後輩への情報伝達ができていたから。

転送サービスについてもそう。
頭に叩き込んでいたからこそ、確実な転送処理を心がけてきたが、
現在ではアルバイトが全て処理をする。
今では「転送シール」を貼るのだが、
そのシールがなくなったからと「転居先不明」で返送されることが格段に増えた。

アルバイトはすべてを知らない。
教えてあげたくてもトップからの方針で手が回らない。
現場は苦情の嵐だろう。
その対応に僅かな今の社員が対応に追われ、
内務・外務問わず分厚いマニュアルをアルバイト全員がこなせるわけがない。
アルバイト採用に対してでも面接があってないようなもの。
それが今の日本郵政会社である。
あまねく公平なサービスを提供出来るわけがないうえ、
全国24000店舗のネットワークがあっても営利追求型になったため
採算が取れないところはつぶされる。

実際、7年間は民営化しても地方の廃局にしないと言いながら、
即行で閉めさせられたところは多数あるのが現状。
地域に密着できるわけがないし、
もちろん、それだけ地方の方々の移動距離が増え、
年金が減らされ、今まで郵便局員が配達のついでに年金を持ってきて
くれていたのが出来なくなったため、無駄に足を運び、
地域によったら原油高でバスが廃止になり、
足がタクシーしかなくなる…
そうなると少ない生活費がさらに少なくなるのは当然。
誰が守る?
「弱者、地方お年寄りは死ね」政策でしょう。

自分の親は、または祖父母は大切?
都心でも地域密着してない現状社会に旋風が巻き起こるわけがない。

今、預けている保険や貯金、保障はない。
間違いなく起こる恐慌を政治家そのものが行った、というより、
国民がそれを選択したわけであるから、
今から先、「私には関係ない」では済まない世界に変わる。

何故、先を読まないのだ、最近の日本人。
教育制度もおかしいから学力低下している。
そのしわ寄せ、必ず来る。

どこの党の味方をするわけではない。
でもあれだけ自民党から民営化反対派が出たこと、
何故?ということを感じてほしい。

自分はそういった意味で「国民の奉仕者」になれない、と辞職。
相反することは大嫌いだから。
今、不景気もいいところ。
国民の不安も隠せないだろうが、
それを選んだのは国民だから、
文句を言う者こそ、自衛策を考えなくてはいけないだろう。

自殺も犯罪も増える。
電車もよく止まる。
営業収益も落ち、利益追求のために価格上昇。
悪循環。。。

風が吹けば桶屋が儲かる、の逆が起こっているのに、
はたして幾人が気づくのだろう。

まるで井上陽水の「傘がない」

情報社会の中、
どれだけ間違った情報が流れても信じる国民。
マスコミのお囃子に、
または知識なしの儲け話(FX等)にどれだけの人が泣いているか。
それは国のせいではない。
己のせいだと自覚しなくてはいけないと思う。


自分も弱者。
交通事故の後遺症で思うように動けない弱者。
ただの知識人で全てを活用できない悔しさ。
そんな自分を悲しいかな、「偽善者」という者もいる。

そういった意味でも自分の中で存在の大きかったじいちゃんの死は
自分にとっては大きな大きなダメージだったが、
意志を貫き通してこそ恩返しかな…

さあ、これからも這いつくばって生きていくぞ!!
役目を果たすまで。

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

素晴らしい結婚式

久々、いとこ以来のフル参加の結婚式。
自分は体調を整えておかないとヤバいので、
朝5時から風呂にて身体を温めマッサージ。
あいにくの天候rainと気温の急低下downでどこまで身体がもつか…
という不安もありながらもなんとか最後まで見守れた。


長年の付き合いでゴールインした2人だが、
新郎の友人、よく頑張ってきたと思う。
あまりにも突然の親父さんの死…
3年前に母、そして今年の夏にプーケットでの突然死。

悲しみに明け暮れる間もなく、彼の決断は素晴らしい結婚式だった。
本来ならまた延期するところだったのが、
親の遺言もあり、今回、予定通り式を挙げたbell


急に1人になった悲しみを乗り越え、
ここまでたどり着けたことだけでも素晴らしい。
自分には度量がない、というわけでもないが、
また同い年仲間としては先を越されたカタチsweat01

家業も継いだ矢先で親父さんがあの世に逝くとは誰も予想してなかったことではあるが、
親父さんも彼のためにホームページを作ったりと息子思いで羨ましい。
その当時は
「俺も作ってるのに勝手に作って、おいおいやでー」
なんて話をしてたのだが、
そんな親父さんが他界してしまった時は涙が出たcrying
自分も親父の大切さ、ひしひしと感じた。


そんな状態でありながらもしっかりとしている。
結婚式は宴(酒)の席でもあるから、
ちゃんと彼は飲酒代行運転の手配もしている。
これ以上、悲しみを増やしてはいけない…
そういう思いを感じた。

先日、大阪駅でのひき逃げ事件があっただけに、
検問も激しいが、それはあくまでも夜の世界。
昼間の配慮も欠かさないのが彼らしさを覗わせる。
本来、昼間は飲酒代行運転業社もさすがにやっていないわけで、
こういった式のためにも本来なら何らかの手立てが必要だと思う。
死亡事故に至らないとしても、
ちょっとしたゆるみや油断で事故は一瞬にして起きる。
どんな人が犠牲になるかは分からない。

自分も犠牲者の1人で脳脊髄液圧減少症で大変なわけだが、
やはり大切なこと。
もっと警察も交通安全週間に関わらず、
しっかりと取り締まってほしいものだbottle


ちょっと話はそれたが、
それだけ家族思い、家族の絆の大切さを感じた結婚式だった。
彼の叔父さん夫妻が亡き父母の写真を手に息子の勇士を見せていた。
彼は立派に式を挙げたこと、素晴らしかったshine

披露宴でもおちゃらけもありながら、
彼自身が歌いながらのキャンドルサービスkaraoke
「いやー、昔の自分だったらやってたな…」
と思うパフォーマンスも彼らしくてよかった。

年の差夫婦。
新婦もかわいいcherry
「やっと貰ってもらえるようになりましたsmile
↑↑これは彼の発言。
いや、アンタは立派。
ワンマンなパフォーマンスもよかったし(*^ー゚)bグッジョブ!!
心から幸せを願う1日であった。

2人の門出を祝して乾杯bar
Img_1510s_2   
さて、
自分は…というと、
全てがお開きになって肌寒い小雨の中をテクテクと帰っていたのだが、
気づくと病院hospitalのベッドの上だったwobbly
なんか道端に倒れていたらしい。
ビンゴ景品の赤い三角コーンと共に。。
礼服に赤い三角コーン…変なトッピング。
周囲の反応が知りたいところだが、
カッコ悪かっただろうなきっとshock

果たしてこんな自分を貰ってもらえるのであろうか…
つづく。

TREview

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

エコドライブ、あの手この手・・・

久々に車の話になる。

下記のニュースからのはなし。

http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_blog-200810271821_1.htm

実際、自分はエコドライバーであり、1,000kmは可能という結果を既に出した。

愛車、アスティ君はMT車。

オートマティックや最新のハイブリッドに負けてたまるか精神で、

いつも大阪と長崎を往復する。

母の実家、雲仙市。

約800kmの道のりだが、いつも出発前に給油し、

ノン給油で田舎に到着する。

たまに渋滞に出くわすが、全く問題ない。

それは運転の技術だと思う。

実際、ノロノロ加速をしているわけでもなく、

上手く走るコツを掴みさえすれば、カタログ基準の燃費より長く走れる。

ただ重要なのは購入したての「ならし運転」だ。

オートマだから今はほとんど関係ない…と思われがちだが、実は違う。

ドライバーの癖がアクセルに残ってしまったりするのだ。

アクセルだけではない、ブレーキも大切。

5年前に27km/ℓをマークした時期がある。

45リッターはいるので、どう計算しても1,215kmは走れるわけだ。

H8式にしては上等な数字。

これは早春で桜咲く前の記録cherryblossom

ありえない・・・いや、ありえた。

ならし運転の重要さが実は燃費の差に響くのだ。

最近は回転計(タコメーター)もついていない車も見かけるが、

アクセルワークでその人の運転の癖がつく。

上手に2,000回転を目途に走ったうえ、

こまめなオイル交換を3,000km以内にする。

MTならクラッチワークが重要だが、AT車はアクセルワークがモノを言う。

MT車ではほとんど踏み込んだ感覚がないくらいに調整しながらクラッチを移動。

AT車はクリープ現象を上手く使い、流れた加速をしていけばいい。

あとは変に踏み込んだり、急激なブレーキ後の加速などをしなければ燃費が上がる。

一度、チャレンジしてみても面白いだろう。

ちょっとガソリン価格も下がったわけで、

ナイトドライブをゆるりとしてみては如何なものだろう。

多少はミッションがエコ運転に切り替わってくれるかも???

TREview

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

ブログ、苦手。。。

やっておきながら、どうやってメッセージをくれた人とつながったらいいのか分からず。

せっかく同じ脳脊髄圧減少症の方が覗きにきてくれたのに、

どうやって対処すればいいのか分らない。

せめて力になれたら…と思うのだが。

やはりこの脳脊髄圧減少症というのは認知されていないから大変。

自分も大変だが、思いっきり前をむいて歩く。

上を向いたらこけるから(坂本九さん、ごめんなさいsweat01

あまりにも残酷で自分も大変な目に合ってきただけに、

前の向き方を伝えたいし、力になりたい。

どうすればいいのだろう…

コメントには書いてみたものの、

どうやったら見てもらえるのかも分らないし、

mixiなら分かる。

あぁ、慣れてないって難しいdowndowndown

TREview

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

コスト削減に必須の世の中

これだけ経済が不安定であると、どの業界でもピリピリしている。
UFJ銀行も何百億と融資に失敗しているわけで、
貸し渋りも増えそうで怖い。

そんななか、mixiでこんなニュースを拾った。

ファミマ、無洗米に切り替え
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=655163&media_id=2

一石二鳥の話になるだろう。
消費者には聞こえがいいはなしだが、
あくまでも企業対策。

もともと食品にはある程度必要なリンなどはある。
ただ、最近は偽装米事件で消費者の不安を煽る悪徳業者が出たため、
信用性を重視した点にはナルホドと思うが、
どちらにせよ、おにぎりの裏の表記には亜硫酸ナトリウムや
さまざまな無機質のものが含まれる。

これらばかりを食すると体内に蓄積され、いづれ肝臓に打撃を与える。
確かにあると便利なコンビニ。
一方、食品衛生上、不要なものが含まれていることに注意が必要だ。

今回でもあくまでもランニングコストの削減が一番の理由だろう。
ただ、地域によっては伊藤ハムのように水自体が汚染されていると
結果は一緒。
でも無洗米を使用することにより、クレームがあっても無洗米業者に
責任をかぶせることができる。いわゆる損害賠償請求。
賢い、としか言いようがないが、大手だから出来る技であろう。

今まではそうでなかったため、米を洗うのに洗剤を使っていたという
話もちらほら聞いた。
本来、米のとぎ汁は何も汚染の影響はない。
ましてや洗剤代わりとして食用油を分解できる成分を持つ。
安全性、安心性は企業側のリスクを軽減したにすぎない。


そんなことよりも、コンビニオーナーさんの経費削減が不可欠。
電気代や水道代、先読み商品の仕入れから廃棄費用、
一番大きな人件費。

これに耐えれないお店はたたむ。
きっとオーナーによっては眠れない日々が続いているんだろうな、と。
地域に合わない業務改善命令をFC統括が吹きかける。
それに従わなければ存続も厳しいし、
オーナーさんたちはいつも顔にしわが寄ってる。
深刻なんだろうな…

友人の友人がやっているコンビニ。
ちょっとだけ店を閉めて清掃をしようとしたら、
「売上が減るから開け続けろ」との命令。
キレイが一番、のコンビニ。
商品棚の陳列からワックスがけ、さらにレジもこなしていかなければ
いけないのに、人件費をカットするわけにはいかないという現状。
溜息がこぼれていたそうだ。

近くのローソンでも何気に聞いたらそうだった。
「週に何回も清掃やワックスかけるんです」
思わず伝える。
「うちのコーティングすればワックス不要ですよ」
「何日持つんですか?」
「何年も」
「したいけどSB(スーパーバイザー)がYESと言わないと…」
「大変ですか?」
「いつも怒られてます」

もっと考えるコストダウンがあるというのに…
あくまでも本部が儲かればいいような感じ。
で、どんどん新たにFC募集。
なんとかしてあげたいわけで。。。

本社やSBいたら誰か紹介して下さい。
お店を助けますよ、ほんと可哀そう。。。
アルバイトの労力も軽減するし。
経験者なら分かることです。

そういえばおにぎりの中に…
あ、やめときます。
またマスコミが騒ぐので。

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

就職内定取り消しか…

つい先日までテレビのニュースでやっていたが、
就職先が内定しても次々と自分にとって都合のいいところを探す若者。

しかし何故先を案じないのか、日本の先行き。


どう考えてもそうなるでしょうに。
自分一人がこう唱えようが耳を傾けてはくれない周囲。
「自分には関係ない」といまだに思っている模様。

自分らの世代、バブルはじける頃。
あえて進学を避け、公務員になる。
大学で4年間いても就職先はないと判断していた。
当時の能力ではあぶれると確信していた。

あまり言い過ぎると批判も出るので避けるが、
もっと周囲の情勢を判断してほしい、
というのが現代の若者に伝わってほしいながらもそうはいかない。

「なんとかなる」ではなんともならないのを肝に命じないと。
もっと基礎的なことを感じてほしいが、
柔軟性をもった考え方を…といいつつ、柔軟すぎるのが怖い。

過去の経験ではあるが、高校生バイトと大学生バイトがいた。
大学生のほうが時給は高い。
でも自分はあえて高校生を採用した。
何故か?
世間を中途半端に甘く見た大学生は仕事に対する熱中率が低い。
高校生は純真、一生懸命だった。

そんな子たちに自分は将来について語ったことがある。
先の事だろうけど、アホらしいかもしれないけど、
将来社会人(サラリーマン)になるなら上手に生きろ、と。
大きな買い物(車など)をする時にローンを組むなら、
絶対にボーナス払いは避けろ、と言い続けてきた。

年数も経ち、結果このご時世。
ボーナスもない会社が続出、
自分の話を空耳のように聞いていた大学生はどうなったか、
高校生たちはどうなったか。

大きく2手に分れた。
ワーキングプアと勝手に称する者とそうでないもの。
彼らは当時、自分より給料が多いのにそうなっていた。
ローン地獄。

いちいち言うのも面倒くさかったが、
当時の高校生達より大学生だった者が自分にこう言った。
「なんとかしてくださいよ、ヤバいんです、今月…」


そういった意味では女性群のほうがしっかりしてたなぁ、と。
今でもしっかり貯蓄している子はしている。
まあなかなか驚く額を持っている。


就職活動もいいが、
今の学生たちの学力は昔より低い。
もっと学んでほしいと思う。
柔軟性を持った者も少ない。

自分の能力を磨いてほしい。
自分の「技」を身につけたほうが絶対的にいい。
持っていない者こそ蹴活に焦っているのでは、と思う。
きっと今ばかり見ていて、10年先のことを考えている者は少ない。

自衛策を考えきれなかった現代社会の大人たち、
多数自殺している。
「技」を磨くのはそう甘くないだけにしがみつきのまま社会で、
追い込まれ、安心して入った先の会社も倒産して路頭に迷っている。
鬱になる者も多数現れる。

今の社会だからこそ原点に返ってほしい。
どんなカタチでもいいから自分だけの技を磨いてほしい。
赤字大国の日本が守ってもらえる時代なんてないわけで…
ジャパンマネーは強いようで弱い。

自分も更に学ばなくてはいけない。
これからの恐慌策に備えて。

自分も脳脊髄液減少症を患ってから思うように動けない。
これは想定外ではあったが、
それなりの知恵と技でなんとかしてきた。
昔の栄光も今はないが、
今年は冬眠している場合じゃなさそう。

人助けもほどほどにしよう。
こんな身でありながら、
知恵を与えてばかりい過ぎたような気もする。
自衛に徹しようか、それとも提供し続けようか…

先ネタはたくさんある。
それをコントロールしてくれる人が欲しいところ。
誰かいないかなぁ…

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »