« お風呂場でカビキラーと戦っている方、必見! | トップページ | これは重たい・・・ »

2009年4月17日 (金)

交感神経を切除しそこなった自分

胸腔(きょうくう)鏡下胸部交感神経切除術という多量の手汗とかを気にして、それを止める手術がある。

しかし、この手術で病院が提訴されている模様。

<手掌多汗症>手術後、別の部位から異常発汗 病院提訴6件

実際、違う意味で自分もこの手術に踏み切ろうとしていたことがある。自分の場合は脳脊髄圧液減少症というものに交通事故から発生した万年の痛みと戦うために、某医師からこれを勧められた。

自分の場合は切除ではなく焼ききって交感神経を麻痺させ、脳から送られる信号をごまかそうという提案だった。もちろん、痛みからは逃れたい思いが強かったので喜んでサインしたのだが、生後11ヶ月の頃に横隔膜ヘルニアでカラダの3分の1にメスを入れていたせいで肺自体が普通の人なら下にしぼむはずが、癒着していたおかげで脇からカテーテルを通すことも出来ずに終了。縫い後は脇だけで済んだ。

しかしこのニュースを見ていると、自分は手の多汗症ではないが、施術していたらどうなっていたのだろうか。汗をかくときは上半身だけでなく、下半身もかくのでもっとひどい状態になってしまっていたのだろうかと思うといささか他人事ではなくなるような気がした。

カラダをいろいろといじると、副作用のように何かが起こってしまう現状・・・車をカスタムするようにすんなりとお金を出せば出来るわけではないだけに、多汗症で悩んでいたらそれはそれで究極のような気もするし、自分もあの当時は「痛みがなくなるなら・・・」の一心だっただけに分からなくもない。望みが叶えば誰だってその道に希望の光があると思えば向いてしまう。

自分は全く責めたりするつもりはないながらも、やはりあの事故のことをふと思うと加害者はお金で済む、という現実が悲しいもので、被害者はそこまで救済に至らない。実際、自分も医療費は底を尽きたわけで、いまだに(昨日もだが)痛みや眩暈などカラダに以上をきたしているのは止まらない。

健康なら・・・とは思うが、一般社会では突然に起こる症状を理解してもらえない場合が大半であり、いつも無理をしているのが現状。それなりに必死で動かないと寝たきりにもなってしまう可能性だって秘めているわけで。そんな意味、自分って頑張っているな、とは思ったりする。

イチローは快挙を成し遂げた。しんイチローだって・・・といつも思っているのだが、健康の大切さはつくづく思う。自分もむかしは安打製造機と呼ばれた時代もあったわけだし・・・あの世界を引退するまでは打率はイチロー選手よりはるかに高かった。でも過去。
栄光ではなくていいから、自分の知恵を役に立てたいもんだ。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger

 

 clover都夢創家近日ホームページリニューアルclover

姫系 バラ系雑貨
無添加ドッグフード 無添加キャットフードのフィッシュ4ドッグ フィッシュ4キャット オガ炭の販売/タンタンドウ 園芸用HPSランプ、水耕栽培用品、肥料、ロックウール

ブログ王 TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

           ↑よかったらポチッとお願いします↑

|

« お風呂場でカビキラーと戦っている方、必見! | トップページ | これは重たい・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/29161559

この記事へのトラックバック一覧です: 交感神経を切除しそこなった自分:

« お風呂場でカビキラーと戦っている方、必見! | トップページ | これは重たい・・・ »