« ついにパンデミック(日本人の意識はいかに) | トップページ | 途中経過(月まで5,000kmを切る) »

2009年6月14日 (日)

インフルエンザだけが危ないわけではない

何かとインフルエンザに過敏に反応する時に反応して、急な対策に焦る日本人の傾向。
いつもならこんな時期にないだけに騒ぐのも当然だろうが、何故か自分の中では謎だらけ。

というのも、例えば音楽業界で流行の曲はコロコロかわるのに、世界では古い曲が今でも愛され続けている。たしかに日本でも名曲というものもあるが、相当な差が出ている気もする。

マライア・キャリーはいまでもクリスマスの時期になるとあちこちで流れる。ワムも。
しかし、そこまで日本の曲ではない浸透があるようで、ちょっとしたブームならいつも何もなかったように去っていく、というより忘れて、その季節や時期にくると思い出すような傾向。

感染症に関しても一理いえるのでは?

例えばこの梅雨時期にインフルエンザが流行っていなかったら「O-157に気をつけましょう」といっているはず。だが、そんな声はニュースでもどこでも聞こえてこない。0-157は下痢や嘔吐が激しいはず。それでもインフルエンザに執着し続けるのもヘンな感じがする。
他にも色々と食品に関しても気をつけないといけない時期でもある。食中毒でも命を落とすのだ。「あ、そういえばそんな季節だったな・・・」と思ったりする人が何人いるだろうか。

 

なかなかニュースにならないと「ハッ」と気づかないのが不思議・・・祭事などはきっちり覚えているのならこういった健康に関する季節の「災事」もカレンダーにつけてみてもいいかもしれない。
そうしないと気づかないで急に周囲で流行って焦って・・・
流行好きな日本人、それなら感染症の流行に対しても敏感になるべきではないか?

たしかにインフルエンザに関しては課題が山ほどある。突然変異の脅威。でもこれに対しても予防ということよりも、感染してから薬での対策をするのではなく、予防医学に関してもっと教育の中に導入していけば、今気づかぬ親たちの子供が親に伝達して気づいたりするのでは・・・と考えたりもした。

モノは考えようだが、何をするにも健康が一番。会社や電車の隣で咳をされてリすると怪訝な顔をしてしまうのなら、自分は対策にまわり、相手には「迷惑だ」というはっきりした意思表示も大事かと思う。

「大丈夫?」
「大丈夫、大丈夫・・・」

よく耳にする。大丈夫なわけがない。
無理するとわが身に降りかかる感染ものなら自分も覚悟、
外傷などなら助けてあげたり、手を貸すのが大切じゃないかと思う。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

※弊社ショップサイト、マスクの在庫はありません。

胡麻の魔法の洗顔石鹸

消臭・脱臭の事ならオゾン発生装置専門店のCleanSide

↑マスクもしかり、こちらが大事かも・・・

クリック報酬額1.3倍アフィリエイト「Find-A」  

ブログ王 TREview ブログランキング・にほんブログ村へ

↑応援クリックで伝えてください。↑

 リンクフリーですので大切な人にも伝えてください

|

« ついにパンデミック(日本人の意識はいかに) | トップページ | 途中経過(月まで5,000kmを切る) »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/30111122

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザだけが危ないわけではない:

« ついにパンデミック(日本人の意識はいかに) | トップページ | 途中経過(月まで5,000kmを切る) »