« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

新政権に願うこと(小泉チルドレンに投票した者へ)

民主圧倒の結末。結末といっても、政権はこれからがスタート。さて、日本の将来はどういう風が吹き出すのか期待したいところだが、今回の選挙結果のとおり、小泉純一郎が主導権を握った時と全く逆の結果が出た。
ただ違うのは「刺客」という言葉が一切飛び交わなかったこと。まさしく国民の不安が一気に押し寄せた結果がこうなったのだろう。

自分はどこを支持するとかはなかった。あまり政治ごとを書くのは好きではないのだが、亡き祖父は元町会議員で自民党だった。しかしそんな祖父がいろんな政治の裏話を引退した後におぼろげに語ってくれたことがある。元自民党議員が聞けばびっくりすることかもしれないが、自分自身も当時、そのとおりと思ったことがある。

まず、小選挙区制度を導入したこと。所属議員が圧倒的に多かった当時の自民党には生き残るために選挙区を細かくしたことにある。そして議席数を増やし、どう他の党があがいても野党になれないしくみを作った事に強く批判していた。
当時あった社会党では全選挙区に出馬できないほどに選挙区を細かくし、各選挙区に自民党議員が確実に立候補できるようにしてしまった記憶がある人はいると思う。

自分はまだガキながら一生懸命、祖父の話を聞いていたことを思い出す。まさに権力を振りまいていたことを言っていた。議員は金持ちに弱い、と言っていいほど当時はあらゆる奉げものがあったわけで、議会での案件は全て言いなりに事を運ばせていたという。それから金持ち優遇税制という消費税も生まれ、今では年金制度や派遣制度の改正も加わり、歪みと格差が見事に生まれ、国民の大半が弱者に変わった。

派遣社員という名がそのまま使われていたため、本当に自分が社員と思い込んでいた人も多かったらしい。確かに儲けを考えると派遣制度の改正があった瞬間に人材派遣会社を作れば100%儲かった。ただのブローカーをするだけで賃金が、登録者数が多いほど差額で稼げたからだ。いつかどこか税務署から見せしめで摘発されると思っていたら案の定、大手に成り上がった会社にメスが入る。そこから「派遣とは?」を疑問視され、見事に抜け道を塞がれた格好になり、ついに参議院で議席数が過半数を割れ、今回の衆院選にひっくり返った。

しかし自民党の掲げた旗に「責任力」とはいったい?自ら撒いたタネを責任を持ってどうするんだ、という素朴な疑問。野党には責任をとるために辞めさせたりと、あらゆる手段に出ておきながら支離滅裂だったような感覚で、ネガティブキャンペーンも尾を引いたような格好。どんな醜いことをしても一歩も引かず、出馬までして落選。誰もが描けるような分かり易い選挙結果じゃないかな、と。

自分自身、派閥が嫌いだったため、元郵政職員ながら一匹狼で真の国民の奉仕者を目指していた事を思い出す。コネもあったが、自力で当時48倍(だったらしい)の公務員試験を1次合格、2次も知り合いの局長さんには一切言わずに通った。
当時の風潮には黙って上の言う事を聞いていたら出世しやすいということ。そして無難にある上級職で定年を迎えると天下り先がちゃんと用意されていたこと。当時は郵政省管轄だったために分からなくもない世界。その権力の一つがそういった天下りだった。

しかし何も民営化する必要性はなかった。既にその時期は総務省の中にあるスミッコの郵政。よほどの人でない限り、天下り先はないという状態になっていたにもかかわらず、強引に民営化した結果となる。その小泉チルドレンに今回投票へ行った人がどれだけ民主に寝返ったのだろうか。「国民に痛みを伴う政治」を今でもやり続けているし、年金や雇用に対してもわが身に降りかかる危機とは予想していなかったのか?と自民から民主に入れ替えた者に問いたい。結局、田舎では民営化とともに廃止された郵便局もある(7年間は残すと言ってたくせに)。そして介護保険の強引な制度により国民年金の農村の方はさらに年金が減り、民営化まで郵便局では「ひまわりサービス」といって年金暮らしのお年寄りの家を訪問して年金をそのまま渡したり出来る総合担務(郵便・保険・貯金を同時に扱える担当者)により過疎の地方を支えてきたものがなくなった。

リーマンの破綻と同時に地方自治体も資金難になり、バスも廃止され、結局は町までタクシーを使って年金を下ろしに行き、買い物を済ませてタクシーでまた戻ると下ろしたばかりの年金は僅かしか残らないという。病院へは誰かの車に相乗りし、診察を終えれば腰を曲げたまま、ひたすら家まで歩いて帰るという過酷な現実を幾人の人が知っているのか悲しい話だ。

確かに都会では郵便局が密集していた。そしてテレビのお茶の間番組でも評論化が何も知らないくせに「郵便局の粗品も給料も全部我々の税金だ」と放映、郵便局では苦情の嵐が起こる。当時から自分らは「名ばかり公務員」で、既に独立採算制かつ粗品は給料から差っ引かれていたという事をどれだけの人が知っているのか、一切そういった報道はされなかったのもタテ社会の中の口止めがあったから。個人情報さえ漏らさなければ退職後も全て話してもいい、と国家公務員法に書かれていれば暴露するのだが・・・今更過去の波風を立てる必要性はないし。。。

 

「そんなはずじゃ…」、「まさか自分までもが痛みを伴うとは…」

当時は「まさか・・・」と思っていたのかもしれないが、そんな安易な考えで投票するのがおかしい。我が事しか考えていない結果だと祖父は語っていた。今、生きていたらなんて言っていたのだろうか。政界の裏側を話していたことを思い出した。祖父の葬儀には新聞にも載せなかったが元防衛庁長官の久間章生さんから弔電も届いていた。そんな久間さんも今回落選、長崎2区では民主党の福田衣里子氏が当選、薬害肝炎九州訴訟原告団代表とあって、真っ向当時の国の杜撰さを訴えている人。弱者の立場に立った政治をしていただきたいと自分の身体も含めて思ったりした。

余談ながら、久間さんの事務所には祖父に弔電を頂いた御礼参りというのか、親族が方々へ帰った矢先に祖母が倒れ、たまたまおばさんが戻ってきたおかげで弔問帳というのか、うちの田舎ではみんな住所を書かずに名前だけで郵便が届いたりするところなもので、ほとんど書いていないのを宛て探しに4日くらいかけて回った。その時に久間さんの事務所へ行ってきた。祖父の弟(癌で祖父より先に死去)であるおじと友人で、自分が小さい頃、選挙権もないのに相手してもらっていたという。

まるで鬱憤を晴らすように書いてしまったが、新政権に対しての願いは、「小選挙区制の見直し・または廃止(独裁政治を避けるため)で議席も減らす」、「弱者(赤ちゃんから身体障害を含むお年寄りまで)を守る」、「平和維持」かな。

天下り先を廃止した、というところ、実は再就職というカタチを採って天下りじゃないようにしているのも事実。これもなくしてもらわないと民間人の退職した受け入れ先もない状態。わが身を守るという点での保守的政治は一掃してもらいたいところだ。

さあ、どうなるのだろうか、今後の日本。。。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

新型インフルじゃなくても危険は危険

昨年の冬になる前から散々書いていたインフルエンザに関すること。
正直、呆れてしまった面がある。

どれだけ予防対策に徹底すべきかを重要視しなくてはいけない時期は初期。それをいかに食い止めるかによってインフルエンザだけではなく、あらゆるものを防止できる事に気づかない結果、今に至った。

日本人は平和ボケしているかのように「まさか自分が?ありえない」と対策は何もしなかったことが流行入りの発表に繋がったのは言うまでもない。

もちろん、対策をしなかった人がゼロとは言わないが、時間が経過すると何でも忘れてしまう傾向が強いのと、マスコミに対する信用度も麻痺してしまっているのもあるのは確かだが、情報だけに振り回されるよりも自分自身が身を挺して守らないと大変な目に遭うわけだ。
自分にとって都合上どうでもいいことには批判や他人事のように対応し、「60歳以上はかかりにくい」と報道されれば自分は大丈夫とマスクをしない人も多かった。しかしそんなお年寄りが亡くなっているわけだ。
きっとこれからも、ずっとそうなると怖いが。。

いい例が確実に感染してしまう、という性行為に対するエイズ問題。しかしその予防策としてコンドームがあったりするわけだが、空気感染はしない。
しかしインフルエンザは空気感染するのでもっと予防対策をしないといけないのは誰もが分かるはずだ。

簡単にいえばそれを怠った人が多いか少ないか…感染者たちは「まさか自分がなるとは思わなかった」と言っている。
あいにくだがリーマンの破綻以降、経済の悪化も影響してか消費傾向が鈍っているというのもあるが、全ては連鎖しているのかもしれない。もし経済的に日本国民全体が裕福であれば日本に感染源が入ってきたと同時に政府も空港封鎖をしていたのかもしれない、と思った。しかし経済情勢が余計に悪化するのを避け、僅かな感染者が空港で発見された後のゴールデンウィークは門を開いた結果だと自分は感じる。

ましてや衛生上でもキレイ好きで免疫力の少ない日本人が撲滅させようとしても止まらないのも当然で、予防策を長期間取らなかったのか、と非常に懸念するわけで。
それを実感してしまったのが自分のサイトでの注文件数の動向。
「今のうちに対策を!」と訴えかけて、それだけのために立ち上げた秋口は反応はゼロ。儲けを考えずに仕入れる最低単価で、伝わればいいと思ってやっていたが、実際に注文が殺到しはじめたのは4月28日。翌日には一気になくなった。電話も殺到、正直呆れてしまうほど。危機感が迫った三宮駅の構内販売店員が感染を発表したと同時にパンクした。
それから在庫は未だにないし、会社は仕入れ値を上げてきたのでボランティアをし続けるわけにもいかず販売する気もうせた。

こんなことをしている場合なら自分の身体を治す方に時間を費やしておけばよかった、と思いたくなるくらいだ。どうか自己防衛をしていただきたいと思う。

今日は選挙。個人的に郵政民営化には大反対だった。どれだけ地方の人が大変になるかは元職員として感じていた事。大都市では「ありすぎ」と口々に言ってた人もいるが、地域ネットワークの重要なところであっただけにもっと強く感じて欲しかった。今は年金を取りに行くのにバスで町まで出て行かなくてはならない。地域によれば財政破綻しているところもあり、バスさえないためタクシーを使って町に出る。僅かな年金を取りに行くだけのために・・・
さらにどこまで国民が痛みを伴い続けなくてはならないのか、というほど独裁政治が続いた。わが身がかわいい国民も今更気づくわけで、税金面での金持ち優遇の世界は払拭しないと国自体が破綻する。第三者の目線からみた日本はひどいもんだ。
権力あるものが有利な働きを持ちかけれるのは当然になっている。それをある程度断ち切らないと多くの国民の思いは叶わない、隠れた戦前の庶民と同じだという状況に目をむけなくては。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑


電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

いいね、新潟♪ そして・・・

大阪からしばし新潟へ行ってきた。
実は行って帰って、また行って・・・2往復したのだが、いろんな人との出逢いがあってよかった。

国民性もあるのか、なかなか大手の社長さんは心を開かない方もいらしたが、やはりマジックショーをすることで驚きとともに近くなるものはみんな一緒かもしれない。
ここでのマジックショーは都夢創家の持つものを見せるだけのことで、手品ではないが、見て驚かない人はいなかった。

ただ、見て欲しい・・・それだけ。
「すごい!!」と喜んでもらうだけに行ったようなもので、それが結構楽しい。よく思うのが自分こそ「なんちゃって経営者」じゃないか、と思うくらい経営者としては失格なのかもしれないが、いいものは共有していくからこそ本当に広まっていくものだと信じている。

本当に環境を考えて、そして今あるものを大切に使っていくからこそエコ活動。自然界にあるものを加工せず応用するだけで絶大なパワーを引き出す。これぞマジックかもしれない。

090819_163601  

 
 
 
 
 
 
 
 
 

新潟といえばお米。しかしこのお米にも色々と地球温暖化の影響は受けているようで、いい環境で育つお米は温暖化と共に地域が北上していっているそうだ。食料自給率の高い新潟でも深刻な問題になりつつあるということは、他府県はどうなるのか・・・これこそ生きる糧であるだけに真剣に考えていかないと。

そして友人の紹介で出向いた瓦屋さんの社長に会う。
株式会社ノジマの野島社長。
ほんと、すごく素晴らしいリサイクル事業をなさっている。古い瓦を再生し、ヒートアイランド現象をなくすというもの。これを敷き詰めれば豪雨での河川増水を都会でも抑える事が可能な商材。普通のコンクリートならすぐに下水に流れ込み、一気に河川の氾濫を巻き起こしたりするのだが、ある程度の水分を溜め込んでいく力を持つ。氾濫を防ぎ、気化熱で涼しくなるといった一石二鳥をこえるもの。これは是非とも都会の町には活用してもらいたいところだ。
大阪市内は空中写真で見れば大阪城の周囲しか大きな緑は映らない。そりゃ暑いでしょう、大阪・・・と思っている。
090819_183301  

 
 
 
 
 
 
 
 

社長が電話で席を外されている時に鯉の瓦で遊んで撮った写真。
いい歳をしながらついついしてしまう自分^^;
「恋のから騒ぎ」ではなく「鯉の瓦さわり」といったところだろうか。

あとくるまの88の柳沢社長に会う。
最初は聴く耳も持ってくれないくらい相手にされていなかったのだが、これもマジックショーで一気に振り向いてくれた。「あり得ない」とそっぽを向いておられたが、この瞬間がたまらない。
女性社員の車のボンネットにコーティングをかける前に水道水を入れて寝かしておくと見事な界面活性水が出来上がるもので、水垢やコーヒーの汚れじみ、タバコのヤニをサッと落として見せるとさらに驚き、格段の違いを見せつけれたらたかな、と思っている。
090826_143002
これもエコパワー同様、発明家Y先生の作品。
先生曰く、「今の新型インフルエンザ対策にもいいよ」と言う。実際、自分は活用しまくっているのだが、この振動鉱石の威力は計り知れない。洗剤要らずのこれぞエコ!と言わんばかりのものだ。秋田県の玉川温泉のラジウム温泉などが有名だが、それを持ち運べるようなもので、このシートをシャワーホースに捲きつけるとシャンプーはほとんどいらないし、洗濯物の汚れや黄ばみまで落としてしまう。
河川を汚さないし、新たに生産する必要性もないので地球環境には優れているわけだ。そして日常生活でのコスト削減にも貢献できる。
さらに、あらゆるものに応用できる。これから冬にかけてカサカサ肌になったりする方にはしっとりを保持、布についた醤油やコーヒーのこぼしたシミも漂白しないでとれるし、これで口をゆすいだら口の中もスッキリ(ついでに歯を磨いても歯磨き粉なしで歯垢も取れる)するなど重宝するもの。わざわざ新たに買う必要性もない(空になれば水を入れておくだけ)ので、半永久に使える。この中身は1600年以上の威力を持つだけに当たり前なのかもしれないが、使わないと損、といった感じだ。

またそのレポートはいずれ掲載するが、こういった自分の持つ環境を保持するものを広めてこれたのが嬉しい。大手でもなんでもないので口コミしかしていないので、どこかの商社がかぶりつかない限り手には入らないだろう。エコパワーの何倍もの効力を持つ。

※今ならモニター募集中!(上記のミストタイプ)

返金保証付(効果なければ返金)で送料込み・代引き手数料込み・税込み(15,000円)で提供します。
 体感してもらえる方、
メールください(9月下旬まで)。
 お声を頂いた方には商品券等プレゼントも用意します。
 後ほどレンタル(月3,000円)予定ですので、購入は今だけです。


しかし新潟に滞在していた期間、高校野球がすごかった。惜しかった、日本文理。
愛知県民には申し訳ないが新潟に初優勝旗を・・・と初めて願った瞬間だった。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

終戦記念日は自分にとって初復活の日

1945年のこの日、第2次世界大戦が終結した日。尊い命がこの戦争によって奪われた。
亡き祖父も志願して兵隊に行ったことを幾度も小さい頃から聞いてきたが、無事に生還したからこそこの体験を聞けた。

耳を塞ぎたくなるようなことがたくさんあった。軍人は隊長の言うことを聞かなければ殴られたり叩かれたりされたそうだ。そして戦地には自分は死ぬつもりで行ったという。
「それが誇りだった」と言っていた。でもそう言いながらも「戦争はしてはいかん」とも言っていた。子供ながらにどっちだ?と思ったものだが、大人になってから長期休暇をとって祖父に会いに行ったある時、顔をしかめて話してくれたことがある。

「たいてい(すごく)ひどかったよ、敵の兵隊でなくてもさ、人がおらばよかもん(いい人)でん、なんでん(なんでも)殺さないけんもんね」
「なんで?」
「食えるもんは現地で調達せい、という命令に従わんばいかんかったとよ。たいていこの手で殺したさ」

縁側に2人でビール瓶からコップに注ぎながら語ってくれた。
「絶対服従じゃけんね、逆らえんとさ・・・それが正しいと教育されてきたもんじゃけん、当然のことと思っておったさ。それがあの頃の誇りさ」
「・・・今は?」
「おまえに赤紙が届いても行くなぞ(いくなよ)、そげん姿は想像もすかん、見とうなか(見たくない)っさ」

それでも世界を見渡せば核兵器をちらつかせる国があり、テロがあり、紛争があり・・・同じ丸い地球の中で死の灰を撒き散らしながら現在に至る。テレビで報道される姿も無残なものだ。
祖母は被爆者。福山雅治と同じ被爆者3世に自分も値する。親父の幼い頃の家も原爆で壊滅して今は姿もない。阪神大震災の時、「まるで空襲のような火の海」と言っていたおばあさんがいた。

あってはほしくない戦争。味わった戦争は受験戦争だけ。それは戦争には価しないほど大したことではないが、本当に戦争の体験をした世代がどんどんこの世から去っていっている。祖父も含めて・・・

そんな祖父が無事だったからこそ自分は今を生きている。
生後11ヶ月、横隔膜ヘルニアで死にかけていた自分、大手術だったそうで、今でも自分の身体には身体の3分の1のメスを入れた痕がある。その時に命に変えてでも血を分けてくれた祖父。その日が8月15日になる。他の輸血に頼らずに全て祖父の血だった。
自分にはまだ脳が発達しているのか否か覚えていないのだが、母や親父から聞いたこと。
そんな祖父に恩返ししないと・・・そう思って頑張っていたが去年の3月に他界した。

「人の役に立つ人間になれ」
祖父が自分に言う口ぐせが遺言になっている。
それをひたすら守ってきた、というより祖父に納得してもらえるよう、そうなりたかった。
今でもそれを目指している。
それをきっと空から祖父が見守ってくれているのかな、と思いながら…

事故後、機動力も減ったが、祖父はいつも気にかけてくれていた。
いろいろ遭ったから余計だろう。

復活記念日、多すぎる自分の人生、何かに役に立って欲しいと願う。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

あらゆるものが迫ってくる・・・

世間は夏期休暇、子供たちは夏休み。
人それぞれいろんな過ごし方をされていると思うが、ここ最近はあらゆる災害が起こっているだけに不安でならない状態もあることと思う。

竜巻・豪雨・地震までなどいろいろ。
でもこれで治まると思えばそうではない。ブラジルではメキシコよりも新型インフルエンザに感染した人の数を超えた。日本でも夏場と言うのに感染拡大しているのでこれから先、秋口からどれだけ増加するのか気になって仕方がない。

そんななかでも生態系にも異変が生じている。
クマゼミの生息地域が北上しているとか、カブトムシが大繁殖して果実(ブドウ)を荒らしているなど動植物にも影響は起こっている。

ましてや日照時間がグンと減っているために農作物の影響も大きく、野菜の高騰と生活するにも食料不足も深刻化、もっと拡大するかもしれない。
これらを自然現象だから仕方がないと割り切れる人が果たしてどれだけいるだろうか。ほとんどいないような気がする。

ここまであらゆる異常現象が起きていて、人の精神状態が安定するような気はしない。雇用問題もあるし、賃金も収入も増えたという人はごく一握りだろう。

いつ回復するか分からぬ景気。自分の身体も景気がよくなれば回復してくれたら嬉しかったりするのだが、それはなさそう。一寸先は闇・・・今とこの先を見越した国の対策だけではなく、一人一人の意識も変えていかないと変わらない気がする。

生活保護を受ける人も日ごとに増えている。

自分もくたばらないようにしないと・・・

090809_221801  

 

 

 

 

 

ちょっとしたゾロ目・・・

090813_185201  

 

 

 

 

 

愛車のアスティは大台が迫っている。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

重なる自然災害は自然を超えた人工災害

自分は預言者ではないし、科学者でもないが、次から次に予想していたかのように起こる自然災害。
先月に書いていた日記には見事に重なったこと、そして警告を書いている矢先のこと。

正直いえば「時、既に遅し」という言葉が合うくらいに各地でいわゆる自然災害というものが起こっている。今まで壊れるはずもないものが倒壊したりするくらいに規模や経済的打撃は激しいものだ。

昨日起きた静岡を中心とする地震。インド沖でもほぼ同時刻にM7.6の地震が発生している。阪神大震災を経験して思い出すが、規模はあの頃よりも広範囲。駿府城の石垣が崩れたり、高速道路の滑落もあり、想定外と関係者は言っているようだが、この事態はこれからどこでも起きる事だろうと思う。もう日本の地盤は既にどこでも緩んでいる。

ここ数年であらゆる自然災害に見舞われているが、時間が経過するたびに頻度が増えていることに気づいているだろうか。確かにあらゆる地域でその人にとっては1回きりの大災害に感じるが、そういったことが1回きりで済まなくなっているというのは起きて当然、当たり前の地域に指定してもおかしくはない。簡単にいえば日本全体が「危険地帯」であるということ。人間は地球自体を超越するエネルギーを使ってしまったのだ。

「自然を大切にしよう」、「地球環境を守ろう」、「CO2を減らそう」、「エコな暮らしを…」

これはあくまでも人間が生きていくためにすることで、地球自体は怒っているわけではなく、あらゆる状態を修復するために動いているだけ。人間の身体でいえばケガをしても自然治癒力で放置しているうちにケガが治った、というように地球もケガをしていると考えた方が分かり易い。
そのケガが地球にとって大きかったようだ。

090801_161802  

 
 
 
 
 
 
 
 
 

例えば何気ないこの画像、アスファルトを突き抜けて生えてきた雑草だ。
一時期「ど根性○○」というものが流行ったが、誰もこれを見て「ど根性」とは思わない。
道路が傷んでいる、と判断する見方が多いと思う。
人間にとって厄介なものにフタをしたのが人間にとって便利になっただけであり、他の生物にとっては「なんてことを・・・」と思っているに違いない(その声は聞こえないだけ)。
それを地球は自然の循環を働かせるために雨を降らせて植物を育てようとしただけ。それをピンポイントでできるわけがないのでまとめて降らせたりする。

地球温暖化は自然の流れだったわけで、氷河期もあった。ただ、今回の温暖化の波には人間が自然界に反するほど大量の酸化という化学反応を起こしてしまったが故、整地しようとしているようなもの。元に戻そうとしている。それにはもちろん人間も含まれていて、予想以上の繁殖と自然の生態系をことごとく壊したり新たな生産をする人間を土に還そうとしているのかもしれない。酸化すれば還元する、というリサイクルを地球は繰り返して生きている。

ここ数年、各地での災害は人間があらゆるものを作り出した人工災害としか考えられない。人間は愚かなもので、知恵があるのに自然のサイクルを忘れていた結果こうなっていくのだ。
自然レベルを超した人工的に自然災害を起こしているわけで、東海地震とは無関係の結論に至っている理由を1人1人が考えていかなくてはならない。

人工的な自然災害に今後も巻き込まれるか、それともそれに知恵を絞って阻止できるか・・・この後の季節は既に始まっているパンデミックという現象でまた世間を騒がすことになっている。もちろん風水害も待っている。そのうち日本にも飢餓がやってくるのでは・・・
あまりそこまで考えたくはないが、世界レベルで新たな生産行為に歯止めをかけていかないといけないし、人間がこの世を長く全うするのであれば人間同士でも出来ていないコミュニケーションを植物や空気や水に対して出来るかどうかだろう。

お金が大事と思うなら地球に対して還元できるビジネスを展開することこそがモノ作りよりもいと思う。経営者にはそう伝えたいものだが、自分の声はどこまで反映されるのだろうか・・・

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

自然の営み…ウォーリーを探せ?

近畿も梅雨明け、相変わらず起きた時はすこぶる調子は悪い(アタマガンガンwobbly)が、先日ちょっとだけ出かけた。

交通事故後の後遺症(脳脊髄圧減少症)で梅雨時期は幾度もダウン。我ながら必死でうごいているなぁ…と感心しているが、世間の健常者のように動き回れないのは事実で、もともと動きまくっていた性格だけに好奇心だけは旺盛のようだ。

ただでさえ地球の生態系が狂ってきているというのに、自分の気が狂いそうになるときは非常にもどかしい。「なんとかしないと・・・」と考えていても自分ひとりで何が出来るか、といえばどうもこうもないくらい無力だ。

都会では味わえない土いじりを篠山の方までしてきたわけだが、やはり自然の空気は美味しい。なんともいえないいい感じ。そんなところにひょいと出くわしたお尋ね者?君を発見したのだが・・・
090801_130702  

 
 
 
 
 
 
 
 
 

見事に稲の色に同化しているショウリョウバッタ。手のひらを超える大きさだけど、しばし気づかなかった。この画像をもっと離して撮影していたらどこにいるのか分からないほど見事な変身ぶり。変身とはいえ、これが天然色なのだからすごい。背中の真ん中あたりなんて稲の緑と全く変わらないくらい。「バッタ版ウォーリーを探せ」ができそう。

こういった自然とのふれあいは時間が経つことを忘れてしまう。小さい頃にカブトムシやクワガタを採りにいったワクワク感があり、気がつくと夕方になっていた。

都会と違って自然界での生態系はあらゆるものに対してうまく成り立っている。科学でいう酸化還元の繰り返し。これが今、地球全体で酸化還元を始めているわけで、人間がむやみやたらに生産、消費をしてきたことを地球環境の自然が一掃しようとしている。

090801_180101  

 
 
 
 
 
 
 
 
 

各地で豪雨。いくらむかし自分が水泳選手だったから、とはいえ、自然のパワーには勝ち目がない。あえて水がある程度引いてから川の撮影。今年もあちこちで河川氾濫や水害が起こっているが、その引き金は経済成長・・・地球を怒らせるくらいの人間のいわゆる「欲求」だと思っている。

確かに生活水準を高めるのは悪い事ではないと思うが、これからはどれだけ地球のことを知って生活水準を維持したり高めたりするかを考えていかないと人類事態が身の破滅を招くことになるような気がする。
弱者の自分はそういった意味では即座に自然界の力によって消えてしまいそう。

自然に逆らうようなことは控えていけばきっと地球のお怒りも沈下する。
今あるものを大切にし、新たなエネルギーのかかる生産は控えていかないと・・・そう企業にも訴えたいところだが、これからどこまで自然のエネルギーで生活していけるか重要だろう。

生産してしまったものは仕方がない。いかに自然還元するか、だと思う。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »