« 新型インフルじゃなくても危険は危険 | トップページ | ウイルスの細かさ(おさらい)と対策 »

2009年8月31日 (月)

新政権に願うこと(小泉チルドレンに投票した者へ)

民主圧倒の結末。結末といっても、政権はこれからがスタート。さて、日本の将来はどういう風が吹き出すのか期待したいところだが、今回の選挙結果のとおり、小泉純一郎が主導権を握った時と全く逆の結果が出た。
ただ違うのは「刺客」という言葉が一切飛び交わなかったこと。まさしく国民の不安が一気に押し寄せた結果がこうなったのだろう。

自分はどこを支持するとかはなかった。あまり政治ごとを書くのは好きではないのだが、亡き祖父は元町会議員で自民党だった。しかしそんな祖父がいろんな政治の裏話を引退した後におぼろげに語ってくれたことがある。元自民党議員が聞けばびっくりすることかもしれないが、自分自身も当時、そのとおりと思ったことがある。

まず、小選挙区制度を導入したこと。所属議員が圧倒的に多かった当時の自民党には生き残るために選挙区を細かくしたことにある。そして議席数を増やし、どう他の党があがいても野党になれないしくみを作った事に強く批判していた。
当時あった社会党では全選挙区に出馬できないほどに選挙区を細かくし、各選挙区に自民党議員が確実に立候補できるようにしてしまった記憶がある人はいると思う。

自分はまだガキながら一生懸命、祖父の話を聞いていたことを思い出す。まさに権力を振りまいていたことを言っていた。議員は金持ちに弱い、と言っていいほど当時はあらゆる奉げものがあったわけで、議会での案件は全て言いなりに事を運ばせていたという。それから金持ち優遇税制という消費税も生まれ、今では年金制度や派遣制度の改正も加わり、歪みと格差が見事に生まれ、国民の大半が弱者に変わった。

派遣社員という名がそのまま使われていたため、本当に自分が社員と思い込んでいた人も多かったらしい。確かに儲けを考えると派遣制度の改正があった瞬間に人材派遣会社を作れば100%儲かった。ただのブローカーをするだけで賃金が、登録者数が多いほど差額で稼げたからだ。いつかどこか税務署から見せしめで摘発されると思っていたら案の定、大手に成り上がった会社にメスが入る。そこから「派遣とは?」を疑問視され、見事に抜け道を塞がれた格好になり、ついに参議院で議席数が過半数を割れ、今回の衆院選にひっくり返った。

しかし自民党の掲げた旗に「責任力」とはいったい?自ら撒いたタネを責任を持ってどうするんだ、という素朴な疑問。野党には責任をとるために辞めさせたりと、あらゆる手段に出ておきながら支離滅裂だったような感覚で、ネガティブキャンペーンも尾を引いたような格好。どんな醜いことをしても一歩も引かず、出馬までして落選。誰もが描けるような分かり易い選挙結果じゃないかな、と。

自分自身、派閥が嫌いだったため、元郵政職員ながら一匹狼で真の国民の奉仕者を目指していた事を思い出す。コネもあったが、自力で当時48倍(だったらしい)の公務員試験を1次合格、2次も知り合いの局長さんには一切言わずに通った。
当時の風潮には黙って上の言う事を聞いていたら出世しやすいということ。そして無難にある上級職で定年を迎えると天下り先がちゃんと用意されていたこと。当時は郵政省管轄だったために分からなくもない世界。その権力の一つがそういった天下りだった。

しかし何も民営化する必要性はなかった。既にその時期は総務省の中にあるスミッコの郵政。よほどの人でない限り、天下り先はないという状態になっていたにもかかわらず、強引に民営化した結果となる。その小泉チルドレンに今回投票へ行った人がどれだけ民主に寝返ったのだろうか。「国民に痛みを伴う政治」を今でもやり続けているし、年金や雇用に対してもわが身に降りかかる危機とは予想していなかったのか?と自民から民主に入れ替えた者に問いたい。結局、田舎では民営化とともに廃止された郵便局もある(7年間は残すと言ってたくせに)。そして介護保険の強引な制度により国民年金の農村の方はさらに年金が減り、民営化まで郵便局では「ひまわりサービス」といって年金暮らしのお年寄りの家を訪問して年金をそのまま渡したり出来る総合担務(郵便・保険・貯金を同時に扱える担当者)により過疎の地方を支えてきたものがなくなった。

リーマンの破綻と同時に地方自治体も資金難になり、バスも廃止され、結局は町までタクシーを使って年金を下ろしに行き、買い物を済ませてタクシーでまた戻ると下ろしたばかりの年金は僅かしか残らないという。病院へは誰かの車に相乗りし、診察を終えれば腰を曲げたまま、ひたすら家まで歩いて帰るという過酷な現実を幾人の人が知っているのか悲しい話だ。

確かに都会では郵便局が密集していた。そしてテレビのお茶の間番組でも評論化が何も知らないくせに「郵便局の粗品も給料も全部我々の税金だ」と放映、郵便局では苦情の嵐が起こる。当時から自分らは「名ばかり公務員」で、既に独立採算制かつ粗品は給料から差っ引かれていたという事をどれだけの人が知っているのか、一切そういった報道はされなかったのもタテ社会の中の口止めがあったから。個人情報さえ漏らさなければ退職後も全て話してもいい、と国家公務員法に書かれていれば暴露するのだが・・・今更過去の波風を立てる必要性はないし。。。

 

「そんなはずじゃ…」、「まさか自分までもが痛みを伴うとは…」

当時は「まさか・・・」と思っていたのかもしれないが、そんな安易な考えで投票するのがおかしい。我が事しか考えていない結果だと祖父は語っていた。今、生きていたらなんて言っていたのだろうか。政界の裏側を話していたことを思い出した。祖父の葬儀には新聞にも載せなかったが元防衛庁長官の久間章生さんから弔電も届いていた。そんな久間さんも今回落選、長崎2区では民主党の福田衣里子氏が当選、薬害肝炎九州訴訟原告団代表とあって、真っ向当時の国の杜撰さを訴えている人。弱者の立場に立った政治をしていただきたいと自分の身体も含めて思ったりした。

余談ながら、久間さんの事務所には祖父に弔電を頂いた御礼参りというのか、親族が方々へ帰った矢先に祖母が倒れ、たまたまおばさんが戻ってきたおかげで弔問帳というのか、うちの田舎ではみんな住所を書かずに名前だけで郵便が届いたりするところなもので、ほとんど書いていないのを宛て探しに4日くらいかけて回った。その時に久間さんの事務所へ行ってきた。祖父の弟(癌で祖父より先に死去)であるおじと友人で、自分が小さい頃、選挙権もないのに相手してもらっていたという。

まるで鬱憤を晴らすように書いてしまったが、新政権に対しての願いは、「小選挙区制の見直し・または廃止(独裁政治を避けるため)で議席も減らす」、「弱者(赤ちゃんから身体障害を含むお年寄りまで)を守る」、「平和維持」かな。

天下り先を廃止した、というところ、実は再就職というカタチを採って天下りじゃないようにしているのも事実。これもなくしてもらわないと民間人の退職した受け入れ先もない状態。わが身を守るという点での保守的政治は一掃してもらいたいところだ。

さあ、どうなるのだろうか、今後の日本。。。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

地震対策なら非常避難袋「安心40点セット」 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

 

|

« 新型インフルじゃなくても危険は危険 | トップページ | ウイルスの細かさ(おさらい)と対策 »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/31172912

この記事へのトラックバック一覧です: 新政権に願うこと(小泉チルドレンに投票した者へ):

« 新型インフルじゃなくても危険は危険 | トップページ | ウイルスの細かさ(おさらい)と対策 »