« ウイルスの細かさ(おさらい)と対策 | トップページ | 20年ぶりでした。 »

2009年9月 5日 (土)

ウイルスを体内に入れないように(重要な事)

北海道の保健士がタミフル不使用のため死亡した、というニュースがあった。まだ原因はちゃんと掴めていないようだが、40代の女性で高血圧症だったという。今、そういった合併的なものでタミフルを服用しても年齢問わず亡くなっている。これを食い止めることは可能なのか・・・

もう感染はどこでも広がりをみせており、誰が感染してもおかしくない状況。というより、あちこちで既に集団感染が始まっている。

最低でもこの3つと言われている。

  • 使い捨てマスク(不織布マスク)
  • 手洗いの励行
  • アルコールによる手指消毒

そしてさらに前回の記事にインフルエンザから守る7か条を載せていたのだが、大切な事が1つ欠けている事に気づく。

それは「」。マスクだけではいけない…という認識は既に誰もがもっていることと理解しつつだが、そういった感染予防のために実はゴーグルも必要だと言う事。目は人間の身体で唯一体外(空気に触れる部分の内蔵)での空気感染をまともに受ける可能性も高い。
さて、幾人の人がここまで考えているのか・・・手洗い、うがいは当然だが、徹底している人でも感染している事実があったわけで、どこから体内に侵入したか分からないケースもあるということだ。

不織布マスクは既に手に入らない地域も出ている。そして人の身体はこれから冬に近づくにつれて空気が乾燥するため余計に冷えと肌があらゆる保湿成分を欲しがるためにあらゆるものを吸収しようとする。そこにウイルスが侵入すると潜伏期間を辿り、やがて発症する。なぜマスクが効果を示すのかといえば、鼻や喉が乾燥すると体内粘膜が水分でのバリアをなくしてしまいやすい環境を防ぐ。そのことによってそこにウイルスがなるべく付着しないようにしているわけで、目の感想が起こりやすく、すぐ涙腺が弛んで涙が出てバリアするのだが、そのときに目やにが出ているのはそういった体内に侵入しようとしたバイキンを殺した証拠。目を涙で守ってくれている。

しかし、本当に必要な時期に必要なものは手に入らないので、自分は昨年秋早々に備蓄に走って正解と思っている。時代の先読みは必要というのは自分の生き方の正攻法かもしれないが、昨年からずっと訴えてきたこのウイルスに関しても世間の認識が甘いのもこの身で感じた。

どこまで真剣に自分の出す忠告に耳を傾けてくれるかといえば、友人でも自分には関係ないと高をくくっていたが、今年のGWには急に「マスク、くれない?」と言ってくる始末。何故モノがなくなってから言うのか、自意識過剰なのかと毎度思う。そしてオークションで高額な値で購入している無様な姿を見ると、どこまで危機感のない人間が周囲にいるのか、と思うほどだ。

予防という対策がどれだけ大事か、それを現実に見てからしか行動に移さない人、あまりにも多すぎてうんざりする。健康を損なう前に対策をしておく事で後々の出費に響くことを何故恐れるのかが分からない。

地震に対してもそう、ようやく阪神大震災があって浸透してきたから災害対策に備えることをするようになった。しかし手遅れの人も既にいただろう、度重なる自然災害に路頭に迷った人・・・それをインフルエンザも同じように対策使用としないのは何故なのか不思議でならないし、勝手にもう大丈夫、と判断するのもおかしなはなしだと思う。

惨事はいつやってくるか分からないから予防対策が必要なわけだ。実際、既に死亡している人が出ているのに、「まさか自分が・・・」という人は山ほどいるだろう。痛い目に遭って対策するようになった人は多数いるが、既に始まっているパンデミックに対しての予防があまりにも出来なさ過ぎているのが正直怖い。

地球環境を守る、ということに関してもそう。本当にそれが大事なのか、理解している人間が果てしなく中途半端なエコをしているということ。

新潟へ行ったときの日記を掲載した時に書いたが、その日の下のほうにミストタイプの製品を掲載したのだが、このブログからの反応はゼロ。実際、見せた人には欲しがるわけだが、慈善団体でいられないのが世の中で、無料で配るわけにもいかないもの。容器は壊れても中身が1622年、使い続ける事が出来るためにそういった意味、一生もの。中に水を入れるだけで完成するものなので、買い替えや詰め替えなどは全くないエコ商材。防災グッズにもなることに気づいて使っている方は手放したくないらしい。

ブログって口コミで伝わっていくものと思っていたが、正直落胆。いい例がインフルエンザに対するはなし。もっと細かいミスト状で、どこでも使えるポケットサイズに改良したものも紹介しようと思ったが、見ても体感もしていないのに「あり得ない」と思う人がいるので今はやめておく。化粧崩れもせずにイオンバリアをつくってインフルエンザなどの体内侵入を防ぐ(目からの侵入も防ぐ)ものなのだが、マスクの二の舞を踏むのも疲れるので気が向けば書く事に。

慈善事業というか、ボランティア精神でサイトまで作って価格も儲けが全くないほど安くしていたのにも関わらず反応がなかったのに、あのGWでの出来事から突然殺到、しかも注文だけならまだしも、電話でのヘルプまで・・・身動きが取れないときは着信転送にしているため電話代ばかりがかさんでイヤになったのもあり、うちから購入されないように価格もあげて、在庫もないことにした。

わが身が健常者なら難なく対応するが、そうではないし、もう呆れてしまった。さらに疲労が重なって最近はよく意識もなくす。個々に扱いするのも波じゃない体力を消耗し、後々に響く。

こういったものを扱いたい方のみ募集しようかな・・・見て触れて感じて明らかに分かるエコ商品&防災用品なので、扱って見たい方のみ募集しようと思う。どこにもないものなので、知った人だけ得をするように。。

扱ってみたい、使ってみたい方はコチラまで問い合わせ下さい。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

高濃度銀イオンで花粉をブロック!

         diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger 要チェック!・・・

     都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです。ここのショップに…↑

電報なら e-denpo 登録無料で、安い電報!

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

|

« ウイルスの細かさ(おさらい)と対策 | トップページ | 20年ぶりでした。 »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/31228247

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスを体内に入れないように(重要な事):

« ウイルスの細かさ(おさらい)と対策 | トップページ | 20年ぶりでした。 »