« 21世紀はGreen Gold | トップページ | 流行で続々・・・「ゼロ」飲料は安全? »

2010年4月16日 (金)

便利すぎる加工食品の落とし穴

見たくない人は見ないほうがいいです。
でも知っておくなら知っておいたほうがいいです。
食品の安全性を考える方にお伝えします。将来を担う子供たちのためにも…

深くは書かない。
考える力を持っていただきたい。

お子様のいる(いなくても)主婦の方、またこれから家族を作る方へ。
いろんな原因がありますが、アトピー皮膚炎の原因は遺伝子から既に始まっているわけで、今は随分と安全基準にはなってきたが、過去は野菜でも生産を確実にするため現在の使用量よりもはるかに多い農薬を使用、その当時の農家の方は若くても老けて見える傾向があったのはそういった無機質が原因。

それを食べて育った世代が今1次ベビーブームの方。
そこで若干のアレルギー反応が見られる子供(2次ベビーブーム世代)が現在大人になり、その多くの子供たちはアトピー皮膚炎等に悩まされている。

その原因はストレスよりも「食」にあったということ。
今では使用されていない農薬も多々むかしはあり、その影響は子から子へ、そして孫世代に飛び火している。

自分が小学生の頃、「食」に対する知識をかなり得たせいか、市販のお菓子類は周囲が食べていても親が許しませんでした。
そういったスナックやカラフルなお菓子に羨ましがってしまっていた自分もいましたが、
今ではそれを阻止していた親に感謝です。

いくら天然モノでも摂取しすぎるとよくないものもあります。
そういったことも重要かもしれません。

大手の食品メーカーの研究所にいる友人はそのメーカーの食品は絶対に口にしたくないと言う。それは何故か。
いかに経費をかけずに儲けを出すために世に出た加工食品たち。加工してしまえば産地も何も分かりませんし、味付けも化学調味料を使用。
化学って・・・是非調べてみてください。
もちろん、その肉なら肉の性質状の問題も分からなくなるのだ。
一時期話題にもなった「ミートホープ」はいい例かもしれませんね。

缶詰の「コンビーフ」はご存知でしょうか。
馬と牛が原材料に表示されていますが、どこの馬か牛か分からないでしょう。

昔話です(現状は知りません)が、とある大手ハンバーガーショップは「100%牛肉です!」とわざわざ表記していましたが、なぜわざわざ書く必要性があったのか?ヘンなうわさ防止もありますが、安心して食べれるようにそうしていました。
が・・・

病死肉だった、という今は亡きテレビでも出演されていた食品研究学の方から耳にしている。
証拠も持っておられていましたが、政界、経済界を狂わせ、下手すれば当時は命までも狙われる可能性があるために黙秘されていた。
実際、それを聞く羽目になったのはその某ハンバーガーショップで食べたハンバーガー、食べている最中に全部吐いてしまい、「これはおかしい」と先生に分析をお願いしたわけで。
すると高濃度のとある薬品が入っていたことが判明、それからもう食べれません。
今は大丈夫なのかもしれませんが、注文する事はないでしょう。

昔のハムもそうでした。ミミズではありませんが、食用ネズミです。
決して害があるとはいいきれませんが、表記にはネズミとは一切書いてありません。
産地偽装よりも驚くことでしょう。
きっと既に隠蔽されています。

産地偽装・・・これも表記できない落とし穴がある。参考までに数点記述。気にしない方は結構ですよ、ニセモノではありませんしね。

・刺身のもりあわせ(色々な魚が入っているため産地を書けない)
・出来合いのあらゆるお惣菜やオードブルセット(全て書いていたら大変です)
・販売されている弁当

売り物のお弁当のやさいの産地まで表記しきれない上、野菜やコメなど洗剤で洗われている。美味しいものは美味しいのですが・・・複雑。

食品加工品についてはこのへんで。

最後に・・・
ダイエットのために「カロリー0(ゼロ)」の清涼飲料水がブレイクしているが、飲んだ本人にはあまり影響がないようだが、遺伝子で生まれた子供に脳障害が出る可能性があるといわれている。
後味、自分は気持ち悪くて完全拒否。こちらはアスパルテームという砂糖の200倍の甘さを持つ合成甘味料。

逆に下剤代わりに摂取を増やすと有難い甘味料・・・キシリトールです。
便秘の方にはオススメかもしれません。

コーヒーなどに使われているフレッシュ。
悪いとは言いませんが植物油です。
そのまま飲めたら飲んでみてください。
乳製品ではないので気持ち悪くなるはずです。
だって油ですから・・・

グルメ人も要注意!
美味しいラーメンの舞台裏に置かれているチェーン店などの合成化学調味料。
聞いたことのないような表記の成分が入っている。
これさえあれば即席でスープは作れる。
こってりでもあっさりでも。。

食品メーカーさんには申し訳ないが、
ただ「美味しい」だけではなく、素材を大切に。
そして忙しいかもしれませんが手作りが一番。

ちゃんとした食生活が出来ると偏りがないため病気も減る。
メンタル面にも影響はあり。
原始に戻れ・・・とは言いませんが。。。

clipい つもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久イオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

        diamonddiamonddiamond黄 砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

 

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

|

« 21世紀はGreen Gold | トップページ | 流行で続々・・・「ゼロ」飲料は安全? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>智太郎さん
ようこそ静岡からありがとうございます。
またじっくり拝読させていただきますね。

投稿: しんイチロー | 2010年4月28日 (水) 23時51分

 こんにちは!・・雨もひとまず落ち着いた靜岡です。近所の床屋があるビルに行った所、ビル1階に展示されていた富士山写真ギャラリーを撮って来たんです・・♬:「富士は 日本一の山」は歌った事がありますよね?あの坂本龍馬も見た時のエピソードや【富士山憲章】と言いのも貼られたいたので書いてみました。「富士山記事は次号にも続きます」んがっ・・・・言う様な主旨で記事ってみたのです。タイトルは:『富士山写真を写真展にて撮り、富士山憲章を学ぶ。』です。毎度のユニーク小笑い写真には「懐かしい富士山」歌:歌詞「近所から撮った富士山」に「写真展に展示された富士山」「伊豆スカイラインを通った頃の猫のドケドケ写真」「面白い安全標識」写真等々写真を貼りました。小笑いして戴ければ光栄です。・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。\(^o^)/・・恐縮にも、よろしければ:アドバイス等:1言コメントともによろしく頼む次第です。 【脳・神経・脊髄】をポチして清き1票を下さい・・_ お願い致します。尚!時あれば・・自分の【学生編】当過去ブログにも、当時の写真・数多くの!面白い・可愛い(猫.犬)・画像・動画もありますので、どうか!楽しんで見てやって下さいませませ。 ・・特に左上にクイックすれば見れる自分の過激な18歳・当ブログ最初の交通事故の第1編を見て頂いたら感謝が絶えません。では、また・・・

投稿: 智太郎 | 2010年4月28日 (水) 15時19分

>mikaさん
お越しいただき、ありがとうございます。

ほんのごく一部しか載せていませんが、尋常ではない数の食品添加物によって構成されている食品は非常に多いです。

便利が生んだ食品添加物、そう言っても過言ではないです。
コストを下げるためには天然モノよりも合成添加物が安くつくのは分かりますが、長い目で見ると危険がいっぱいということですね。

投稿: しんイチロー | 2010年4月18日 (日) 00時43分

ブログランキングより
きました。


凄い、内容ですね。
深く聞きたいですが
具体的に聞くと、
食べる物が、無くなりそうです。

知人が、水質とかの
検査センターにいるのですが、
ダイオキシンの話は、良く聴きます。

スーパーの袋も検査で
良く出るそうで、
あそこの袋は、危ないと
良く、言われるのですが・・・

世の中、知ると怖い話が
たくさんですね。
では。

投稿: mika | 2010年4月17日 (土) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/34253821

この記事へのトラックバック一覧です: 便利すぎる加工食品の落とし穴:

« 21世紀はGreen Gold | トップページ | 流行で続々・・・「ゼロ」飲料は安全? »