« 細菌には勝てない今の環境 | トップページ | ココロのお悔やみは治せるか? »

2010年5月30日 (日)

車を持っていたら誰でも出来るエコ

見なきゃ損!といっても過言でないほどの車ネタ。
自動車業界だけでなく、運輸業界も必ず驚くものを紹介する。
信じるか信じないかで左右される日本では何故か実績が伴うので、実績で安心もさせた上でのご紹介。

あらゆるコスト削減のためのツールとしていろいろと準備をしてきたりしたが、日本中、車を持っている人なら家庭でも事業者でもコスト削減、生活費の削減が可能なもの。
確かに燃費のいい車はそれでいいだろうが、買い替えできない方もいる。最近の不景気でお金が貯まらない、または中古車業界の友人に話を聞けばローンすら通らないケースもかなりあるという。

所有している車があれば大切に使い続けるのも大事。
日本産業界では新たに買換え需要が進まないと経済に影響するといわれるが、いざ自分のサイフの中身と相談すればとんでもない相談になってしまう。

まず、誰でも出来る燃費向上のためのテクニックを紹介。
これをするかしないかで普段のガソリン代を抑えることは可能なのだ。
実践していただきたい。

■燃費向上の運転テクニック

            1. 急発進、急加速など荒っぽい運転をしない
            2. 無駄な空ぶかし、長時間のアイドリングをしない
            3. アクセルワークは丁寧に
            4. 「加速は適度に」がコツ
            5. 車間距離を十分に
            6. 減速時にはエンジンブレーキを使う
            7. 暖機運転は短めに
            8. 余計な荷物は積まない
            9. 空気圧を少しだけ上げてみよう
            10. エアコンは上手に使いましょう

自分の愛車はただ今336,000km走行。これだけ乗っていれば元は取れている、とは言うものの、ランニングコストが非常にかかっている。

100530_212901_2
もちろん整備もきちんとしているし、道路交通法もとことん勉強、実践でも1発で2種免許を門真試験場というハードルの高い検定場所で取得した。
運転技術も大切だが、大事に長く愛車を保つにはメンテナンスはかかせない。

車が錆びないように洗車(最近は全くやっていない)が基本。
自分の場合は特殊なワンラップコートをしているため問題ないわけで、生の鉄でも錆びないコーティング材を使っているから出来ること。でも基本は冬場の塩害など塩分には弱いので、洗車は必要だという事。

そしてオイル交換。車や人によって左右されるところがあるが、自分は3,000km~4,500kmの間で必ずオイル交換をしている。内燃機関の不完全燃焼によってどんどんエンジンのパワーが落ちてくること、そして燃費も悪くなり、最終的にはご臨終になるのを防ぐため。
オイルフィルターも1年に1回は交換するが、これだけざっと書いているだけでどれだけのランニングコストが必要なのかがわかってくることだろう。

ガソリン代は走るためには必須。では何をどうやって削減するのか、というところが今回のポイント。

オイル交換160,000km不要の商材。

ざくっと愛車でのシミュレーション。

 ガソリン車
 3.50 リットル
 4,500 km
 1,000 円/1L
 13.00 km/1L
 135 円/1L
 3,000 km/月

これが・・・
ゴールドパンチα3000を使うことでこんな結果になる。

今まで通り、オイル交換を行うと、160,000km走行まで 合計36回のオイル交換が必要となり、126,000のオイル代がかかっている。

ゴールドパンチα3000を混入すると、約160,000kmオイル交換が不要なので、 35回分、122,500円のオイル代を削減できるわけだ。

今までこれを知らずにオイル交換・・・すでにこの倍以上のお金をつぎ込んでいるといえる。

オイル交換1回あたり、3.50リットルの廃油を棄てることになり、 160,000km走行した場合、合計126リットルのオイルが廃油となります。

ゴールドパンチα3000を導入すると、35回分のオイル交換が不要となり、合計122.50リッ トルの廃油を削減できます!

CO2削減にもなるということ。一石二鳥ではないか。
緑化運動も大事ながら身近にエコが出来るのであれば、そして経費も削減できるのであれば必要だという事。
実際に使用するとエンジン音が変わる。静かになり、無駄な動きがないようになる。

更に燃費向上の運転を心がけると1年で18,692円の削減(5%)、37,385円の削減(10%)が可能になるということ。

これを無視してお金が・・・というわけにはいかないだろう。
もちろん、エコ・パワーでも同じ効果が出ているが、データがないというよりも走行しないと分からない事も非常に多いほど逆に面白いものでもある。空気抵抗が軽減されたり摩訶不思議な世界だ。

ゴールドパンチはデータも保証もある。

■パナソニック株式会社:社員マイカーに推奨
            ■帝都自動車交通株式会社:タクシーのエンジンオイルに使用
            ■大阪市交通局:バスのエンジンオイルに使用
            その他にも、このような所で使われている。
            ■JR北海道株式会社:ディーゼル機関車オイル
            ■日産ディーゼル株式会社:工場内発電機
            ■株式会社小糸製作所:成形機のマシンオイル
            ■日本アキュームレーター株式会社:パッキンに塗り込み
            ■東洋港運株式会社:船舶のエンジンオイルに使用

エンジンオイルだけではないわけだ。
2サイクルエンジンには不向きとのこと。

ちなみにJR北海道の検証データは手元にある。
ここが認めるとはすごいものだ。実際、気動車を使って分析したのだから・・・

これがウワサのゴールドパンチα3000
Gold_panch1
努力だけでは可能にならないことを可能にするのが技術。
それもエコに対する技術ならなおさら歓迎である。
今の生活費をいかに上手く使うか・・・無駄な投資よりもしっかりしたものにかけていくのは大切な事だろう。

中小企業・個人事業主様へ
ただ今、経費削減出来る「
無料コスト診断」を実施中。
可能性があるかないかを無料で診断、確実に削減できる可能性の有無をメールの返信でお伝えさせていた だきます(なるべく早急にお応えします)。

都夢創家のお問い合わせページより必要事項(埋めれる範囲で結構です)と、車の保有台数、月間差出される郵便(信書)、宅配メール便など削減できる可能 性がありそうなものを記入してください。
こちらから電話での弊社の物売り営業をかけることはありませんのでご安心ください。

都夢創家 

↑「都夢創家」のサイトです↑


clipい つもの情報、掲載中clip

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

|

« 細菌には勝てない今の環境 | トップページ | ココロのお悔やみは治せるか? »

健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

車・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/34953844

この記事へのトラックバック一覧です: 車を持っていたら誰でも出来るエコ:

» 動かないクルマ査定買取り [廃車の前に査定買取り]
廃車の前に査定買取りを紹介します [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 17時02分

« 細菌には勝てない今の環境 | トップページ | ココロのお悔やみは治せるか? »