« 宮崎を応援するために作った歌 | トップページ | 自分オリジナルの癒しを体感(ハートショット) »

2010年8月 1日 (日)

人口減るほど泣く時代

日本の人口が3年ぶり減少・・・いよいよ人口激減の時代に突入したのか、と思わせるニュースだ。
大都市に人口は集中しているものの、地方はどんどん減少し、過疎化を促進している。
確かにお年寄りによっては「この地のままがいい」という方と「歳だから便利な場所に移りたい」という方。確かに面倒を見てもらおうと思えば都会の方が身内も集まりやすく、病院などの施設も充実しているのだが、なんだか寂しい思いがする。

自分が子供の頃は長崎の田舎でもたくさんの人が集まってワイワイしていた。祖父が亡くなってからは静けさばかり。人がいてもいなくても自然の香りを満喫できる場所であるだけに、自分としては時代の流れとはいえ、残念な思い。

少子化も歯止めがきかない。益々高齢化社会になっていくが、そのお年寄りを大切にするための施設も不足していくような気がする。更にそういった人たちを支える若い世代の激減。果たして自分が年老いた時にはどうなっているのか・・・

しかしビジネスではこの高齢化社会でどんどん急成長する会社がある。それは葬儀屋さん。葬儀の費用も半端ではない葬儀の見積りに親族は驚きは欠かせない上、人生最後の行事に値切りたくても値切れる状態ではない。ほぼ言いなりの金額になる。

初めてなら余計に分からないだけに「弊社にお任せください」と言われると「はい」としか言いようがない。一応3パターンほどのプランを提示してくるが、これも人間心理、松・竹・梅とあれば「梅」はちょっと・・・となり、最低でも「竹」で選んでしまう。
しかし業者の話術はなかなか巧みなもので、あらゆるプラスαを上手く勧めてくるため、断るに断れずに80万円程度のお見積りが180万円になって請求されてくる。
まるで香典が全て葬儀屋に吸い取られるような感じだ。

さらに今ではいつ亡くなるか分からないだけに、多額な葬儀料の負担を軽減するため互助会の積み立てがある。会費として毎月3000円、100回収めればその場の負担回避になると積み立てをさせる。もちろん利息はつかないため、個人的には利率が低くでもいいので郵便局などの積立貯金のほうがずっとマシと思ってしまう。

場所によっては(というがほとんどだが)葬儀屋が病院で待機、亡くなればすぐその葬儀屋に繋いで病院はその紹介報酬を貰っている分、また更に上乗せが出てくる。葬儀屋の腹は少しも痛まない。

ましてや大手葬儀屋の会場に行けば悲しみに暮れているヒマもなく、さっさと会場を追い出され、火葬場へ。口では「お悔やみ申し上げます」とは言うものの、スタッフがどんどんスケジュールをこなすかのように時計ばかり見ている姿に「これでいいのか?」と感じるばかりだ。

しかもちゃんと受付には「A会場 ☐☐様 ○○時~○○時まで」と案内表示。
葬儀の最後になるとそこには既に「A会場 ××様 ○○時~○○時まで」となっていた。

先般あったペット火葬みたいではないが、サクサクとこなされ、後日驚きの額の請求書が届くわけだ。

こうなると死ぬのも大変、格差社会の今、その額面を提示されたら逆に喪主が首をくくりそうな状況が待っているよな将来は想像したくない。

実際、某葬儀屋の店長に話を聞くと、花は使えるだけ使いまわし、利益を生み出せるように花の鮮度を保てるように花を長く生かせるような大きな冷蔵庫があるという。見積りに「お花料込み」になっているところはそういうことだ。しかも今後需要は大いにあるだけに値引きしなくても勝手に頼まれるわけだ。

人生一度の冠婚葬祭だからこそ値段に糸目をつけない額になるのもいささか問題では・・・と思ってしまう。
たしかに最近は離婚率も増える一方。こちら側は一生に一度出ない人も多いが。。。

離婚率も自分の中では問題視したい。
子供がいる家庭での離婚はあまりにもかわいそうだ。
父と母がいて立派な大人になっていくのが一番理想なだけに、片親だと愛情に欠けた子供たちが成長する事になる。両親健在でも共働き夫婦が当たり前になっているせいで、教育、子育て環境にも影響を及ぼしている。

子が親を殺したり、またはその逆が起こったり・・・そんなニュースが耐えない今、他人のフリをせずに見つめ直す時期ではないかと察する。

地方自治体も赤字を抱えているだけにそういったフォローはまともにない。国の援助も期待していない人も多いと思う。

そうなれば愚痴ばかりを言うのではなく、そういった全ての人生を含んだ安心して過ごせる、生活できるシステムも自ら構築していかないといけないのではないだろうか。

あたり前ではない時代、益々加速する。
ましてや人口減少の理由の1つに自殺者3万人も含まれる。
つまり、今ある健康状態(メンタルケア)も含めた将来的に安心できる体制を整えていかないといけないということ。
法律に関わる事件に巻き込まれても手立てがなく、泣き寝入りする人も少なくはない。
そういったことも含め、現状と将来を考えたシステム構築も必要だ。

本当はお隣りご近所さん同士で助け合ってきた日本。
これは現在、壊滅に近いほど他人になっている。
自分の経験からすれば地元住民より郵便局員のほうがよく知っている。
所詮、郵便やさんは風景かもしれないが、自分はそういった人間模様を第三者的に見ていた1人かもしれない。

坂本龍馬が流行っているが、「このままの日本ではいかんぜよ!」
と、自分も言いたい。

若い世代は感じないかもしれないが、いよいよ真剣に考えなくてはいけない時代だということもアタマに入れておかないといけない。

コスト削減も大切な事かもしれないが、もう1つ、するべきことが出来たようだ。家計にもやさしいシステムが完成。1人で出来るわけではないだけに、チームも作りたい、いや、近々に作る予定。
ここでピンときた方、まずはコチラまで(説明会の繊細をお送りしますのでお名前、メールアドレスと電話番号をよろしくお願いします)。
8月に2回(12日夕方、26日昼過ぎ)、大阪で説明会を予定してます。
※ここではお伝えできない情報がたくさんあります。



中小企業・個人事業主様へ
ただ今、経費削減出来る「
無料コスト診断」を実施中。
可能性があるかないかを無料で診断、確実に削減できる可能性の有無をメールの返信でお伝えさせていた だきます(なるべく早急にお応えします)。

都夢創家のお問い合わせページより必要事項(埋めれる範囲で結構です)と、車の保有台数、月間差出される郵便(信書)、宅配メール便など削減できる可能 性がありそうなものを記入してください。
こちらから電話での弊社の物売り営業をかけることはありませんのでご安心ください。

ちなみにコンサルタント料は一切頂きません

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久イオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

|

« 宮崎を応援するために作った歌 | トップページ | 自分オリジナルの癒しを体感(ハートショット) »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

宣伝」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/35975707

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減るほど泣く時代:

« 宮崎を応援するために作った歌 | トップページ | 自分オリジナルの癒しを体感(ハートショット) »