« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

高速道路の割引、どうなる?

国土交通省が導入を検討している、「普通車上限2000円」などの高速道路の新料金案を見直すことが25日わかった。

国土交通省(PDF)高速道路の再検証結果と新たな料金割引(4月9日)

この中に盛り込まれている分で軽自動車並みの燃費(20km/ℓ以上)であればエコカー割引案に入る。あくまでも基準は自動車メーカー発表の数値になると思われるのだが、そういった意味では悔しいことは多々ある。

実際、自分の愛車は遥かにカタログ基準を超えた燃費走行を普段から実現しているが、これを自動車保険の更新をする時には決してエコカー扱いしてくれない。もう一つ言えば、エコカー基準に満たされている車、高速道路上でサービスエリアやパーキングエリアで暑い時や寒いとき、エンジンをかけっぱなしで停まっている車も多々あり、そんな車はどう判断すべきなのだろうかと思ったりする。

補助金も終了し、買った人は上記基準にクリアしていれば何でも融通は利くのであろうが、それでも買い換えたくてもお金がなくて買い替えられなかった人も多いのは事実。自分はブログの題名にもしているだけにエコ運転しながら100万キロを目指すつもりだが、自分の車も上手く乗れば高速道路では20km/ℓ以上は発揮できる運転能力はある。

100924_131001
ちょっと見にくい画像になるが、これは先日山口県に行った時の記録。高速道路上は480km、それ以外は大阪市内や山口県内(萩・秋吉台など)を走っていたので667.7km÷36.8ℓ=18.14km/ℓ
こんな数字になった。
これで高速道路だけを換算できれば20km/ℓは見込める計算だ。

自称、「エコドライブ宣言」をしているわけだが、こういった資料を毎回取っておき、事前登録の審査に持っていけば通してくれるのか・・・お上の決める事だけに厳しいような気もするし、そればかりに力を注ぎ込むわけにもいかないのが現状。

Idxnavigeki_f2
毎回、載せさせてもらっているが、古い車(自分の車を含めて)が変わった。誰も信じないし、装着する前から「あり得ない」ということで取り付けさえ拒まれることもしばしば。
燃費はあえて詠ってない。体感した方々からはそういった声はたくさん聞くが、それでも書かない。公正取引委員会から何を言われるか分からないから。

実際、アクセルワークで車の燃費向上は変わってくる。だからそういった細かくない人が取り付けても分かる事しか書かないことにしている。これが賢い方法かも・・・と思っている。

一番効果的だと感じる瞬間は間違いなく坂道。古い車はどんどんパワーダウンしていくが、これを取り付けるとエアコンを切らないと登れない坂道でも上がっていく事は間違いない。乗っている月日が流れると内燃機関がきれいになるためオーバーホールする必要性が100%なくなるのが特長。坂道ばかり走る車で買い換えに迷っている方には是非取り付けてもらいたい1品だ。

パワーダウンしたら自然と新車購入を考えざるを得なくなるが、ここ経済状態が悪いだけに買い換えも迷う人も多い上、オーバーホールするにも何十万円という費用がかかる事を考えれば絶対に安いはず。たった1万円で車自体が快適走行するのがあり得ないと思う方も多いと思うかもしれないが、一度体感してもらわないと・・・と思っている。

地球環境も考えて作り出した「エコパワー激」、希望があれば体験会を考えている。
要は体感してどれだけか、ということ。
地域によっては出向くのも大変だが希望者がいる限りは出向く予定だ。

対象車種として軽自動車・小型乗用車・原付バイク
(これらが一番実感しやすい)

お財布にもやさしいように体感試乗代(取り付け費用込み)で3000円、
体感して購入希望の方は残り7000円を支払いとします。
体感した結果、何も感じなければエコパワーごと返還してもらえば体感試乗代の3000円はその場でお返しします。
いわゆる「モニター」と同じです。

これでどうでしょう。
「騙された!」というよりもいい方法ではないか、と。。
騙す気はないので・・・

それよりも家計の助けになればいい。

というわけで、お問い合わせは、
私の都夢創家(とむそうや)着信専用携帯番号
090-3709-2229
まで。
出れないときもありますので、時間を置いて再度お願いします。
(電話をかけるお金ももったいないという方は繋がった場合のみ、おかけ直しします)

口コミで広まってくれたら非常に嬉しい。
世の中に広めたいものはたくさんあるんです。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久イオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

脳脊髄液減少症=軽度外傷性脳損傷ではないのか?

交通事故などの後遺症としてなかなか認知されない脳脊髄液減少症。しかし軽度外傷性脳損傷という同じような症状で東京高裁が「脳に損傷を負った」と認めた。

こういった事故での後遺症、今までどれだけ放っておかれていたのだろうか。自分もこれまで散々苦労してきているが、本気で社会復帰を諦めた1人。事故後3週間も経たないくらいから目が見えなくなり、めまいや痺れ、不眠、記憶が飛んだり、挙句の果てには立てなくなってしまったという経緯がある。

実際、ブラッドパッチという特殊な治療により立って歩けるようにはなったものの、2.0あった視力も今はない。気圧が変わるとカラダが宙に浮いたようになったり、左手が痺れたり、握力がなくなったり、首が回らなくなったり、頭痛が起きたり、尿漏れが起きたり・・・と、その時によって状況が変わる。

なかなか理解されないもので、実際は非常に怖いことがある。
気圧ではないが、衝撃といっても愛情表現的なカラダをポンと叩かれるだけで眩暈が起こったりするのが恐怖で仕方がない。関西だけかどうかは定かでないが、冗句を言えば笑うついでにカラダを叩くクセのような習性があり、それによって1人クラクラ目を回している自分・・・これが強烈なら意識までなくなり、ぶっ倒れる。

なんせこの「脳脊髄液減少症」と「軽度外傷性脳損傷」の違い、どうも分からない。
あらゆる所見では分かりづらいのだ。
ほとんど・・・いや、酷似だ。

散々病院で振り回され、挙句の果てには「です」ときた。
誰だってこんだけ苦しい思いをさせられると鬱にもなる。

自分はまだ救われている方かもしれない。
これだけの仕打ちを受け、職場でも罵倒されても屈しない自分(といいながら本当は腹が立つほど悔しい)を演じ続け、サラリーマンは不可能と悟り退職した。
でも夢は諦めない。モチベーションを高め続けることすら大変だが、亡き祖父と誓った言葉によって自分は頑張れているのだろうと思っている。

誰でも目標はもたないと前には進まない。
自分のような症状を抱えている人間だけではなく、誰にでも言えることかもしれない。
人間環境も大切だ。今の社会情勢も不安定なだけに自分が抱えていることすらちっぽけに見えているのかもしれない。

とにかく前向きにポジティブに無理をしてでも笑っていこうと・・・
「笑うかどには福来る」
お金じゃなくて心が富む人間になろう。
改めて誓った。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久イオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

近々の雨で都市水没?翌年は…

もう9月だというのに猛暑。地球温暖化だけが問題視されていることでもないような気もしてきた今日この頃。特に日本、と言いたいところだが今となっては世界中がおかしくなっている。

9月1日は防災の日。これは関東大震災から受け継がれてきたのだが、ここ数年、世界中で規模の大きな自然災害が各地で起こっている。
ちゃんとは分かっていないが先日はニュージーランドでM7.0の地震。そしてオーストラリアでは豪雨による大洪水。中国でもハイチでも大震災が起きている。まるで勢いは日常茶飯事のように。ロシアでは大規模な森林火災。今まであり得なかった地域まで及ぼしているということはかなりおかしい。

自分が高校生のときは夏はイギリスで過ごすと快適だ、と当時の社会科の先生が毎年出かけていた。が、年々暑さが増してきたように思えると言ってたことを思い出す。自分が高校生の時というのはもう20年前。思えば既に地球温暖化の始まりだったに違いない。

人間という生き物は意外と怠け者で、危機感を感じないと反応しない人が大半。阪神大震災でも地震保険に加入していた人はごく僅か。その僅かの1人が知人で、古いアパートが倒壊して何億かの保険金が出たしかも掛金は小額。それから急に地震保険に入る人が増えたが、今はその額面では出ないのでは、と思ったりする。

火災保険はまるで義務付けられているように加入しているが、決して全額出るものではない。実際、7月中旬に水漏れ事故を喰らった被害者になったのだが、かなり大きな被害を受けた割には鑑定事務所の人間が査定しにやってきて提示された金額を見てあ然とした。
あらゆる材料が被害を被っているのに、一部しか購入できない額面。納品書・領収書までぐちゃぐちゃになっていてカタチもとどまっていないものもあり、全額出せないという。再発行もしてもらえない。まるで「会社、たためば?」と言わんばかりの金額だったため示談せず。しかし面倒な手間代は一切出さないのに若干のいらだちもある。

これから起こる自然災害での恐怖は何をおいても水害かもしれない。
自分の場合、天井から水漏れのひどいバージョンで使い物にならなくなったものがたくさんあっても勝手に鑑定されたら僅かな額、ましてや自然災害や戦争・紛争での被害では全く出ないわけだ。

オールリスクタイプの火災保険では水害に対しても保障されるが、全額と思ってはいけない。加入していないよりはいいかもしれないが、水害が起こった時の規模にも大きく影響されるために気をつけないといけなくなる。
上記のように納品書・領収書を添付できるような状況であればいいが、まず不可能だろう。結果は自分自身でいかに守れるかにかかってきてしまう。

首都圏での降水量が60ミリを超えると下水の対応が間に合わないそうだ。ここ数年でも愛知でも水害事故が起こっている。ゲリラ豪雨で短時間であればいいが、熱帯低気圧や台風となれば被害は増えるだろう。これからどうなる?今の治水対策では間に合わない。

今年は猛暑。ここですぐ気づく人はすごいと思うが、来年は何が待っているか・・・花粉症。猛暑の翌年は花粉の飛散量が増える。美味しいものの話をすれば今年の果実は非常に甘い。手入れしきれない杉の木だらけ・・・どうなる?

「気をつけよう 甘い果実の次の年」

つまらない川柳が出来てしまったが、水害に対してはいつ何時起こるかは分からない。備えれるものは備えておくにこしたことはない。

自分も正直、怖い季節に間もなく突入する。気圧の変わりやすい時期はまともに動けない。まさか交通事故でここまで後遺症を引きずるとは想定外。いつも負けてたまるか!と踏ん張っているが、どうなることだろう。

そういった想定外だらけの世の中だからこそ感じてもらえたらと思う。今更のエコは既に手遅れかも・・・本当はまだまだこういった自然環境の影響を綴りたいところだが、身が持たないので次回へ。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久イオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »