« 近々の雨で都市水没?翌年は… | トップページ | 高速道路の割引、どうなる? »

2010年9月12日 (日)

脳脊髄液減少症=軽度外傷性脳損傷ではないのか?

交通事故などの後遺症としてなかなか認知されない脳脊髄液減少症。しかし軽度外傷性脳損傷という同じような症状で東京高裁が「脳に損傷を負った」と認めた。

こういった事故での後遺症、今までどれだけ放っておかれていたのだろうか。自分もこれまで散々苦労してきているが、本気で社会復帰を諦めた1人。事故後3週間も経たないくらいから目が見えなくなり、めまいや痺れ、不眠、記憶が飛んだり、挙句の果てには立てなくなってしまったという経緯がある。

実際、ブラッドパッチという特殊な治療により立って歩けるようにはなったものの、2.0あった視力も今はない。気圧が変わるとカラダが宙に浮いたようになったり、左手が痺れたり、握力がなくなったり、首が回らなくなったり、頭痛が起きたり、尿漏れが起きたり・・・と、その時によって状況が変わる。

なかなか理解されないもので、実際は非常に怖いことがある。
気圧ではないが、衝撃といっても愛情表現的なカラダをポンと叩かれるだけで眩暈が起こったりするのが恐怖で仕方がない。関西だけかどうかは定かでないが、冗句を言えば笑うついでにカラダを叩くクセのような習性があり、それによって1人クラクラ目を回している自分・・・これが強烈なら意識までなくなり、ぶっ倒れる。

なんせこの「脳脊髄液減少症」と「軽度外傷性脳損傷」の違い、どうも分からない。
あらゆる所見では分かりづらいのだ。
ほとんど・・・いや、酷似だ。

散々病院で振り回され、挙句の果てには「です」ときた。
誰だってこんだけ苦しい思いをさせられると鬱にもなる。

自分はまだ救われている方かもしれない。
これだけの仕打ちを受け、職場でも罵倒されても屈しない自分(といいながら本当は腹が立つほど悔しい)を演じ続け、サラリーマンは不可能と悟り退職した。
でも夢は諦めない。モチベーションを高め続けることすら大変だが、亡き祖父と誓った言葉によって自分は頑張れているのだろうと思っている。

誰でも目標はもたないと前には進まない。
自分のような症状を抱えている人間だけではなく、誰にでも言えることかもしれない。
人間環境も大切だ。今の社会情勢も不安定なだけに自分が抱えていることすらちっぽけに見えているのかもしれない。

とにかく前向きにポジティブに無理をしてでも笑っていこうと・・・
「笑うかどには福来る」
お金じゃなくて心が富む人間になろう。
改めて誓った。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久イオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

     ↑ブログ応援クリックお願いします。↑

 (Ctrlキー+クリックで応援するとページは飛びません)

リンクフリーです。たくさんの方に伝えて頂ければ幸いです。

|

« 近々の雨で都市水没?翌年は… | トップページ | 高速道路の割引、どうなる? »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

コメント

>tarouさん
書き込み、ありがとうございます。
そしてブログにも掲載、感謝しております。

投稿: しんイチロー | 2010年11月 8日 (月) 00時14分

脳脊髄液減少症を知りましてびっくりしました。
ブログに書いてみました。

投稿: tarou | 2010年11月 7日 (日) 21時52分

>スタッフあかももさん
前向きじゃないとただの引きこもりになりかねない症状なだけに自分を奮い立たせて動いているだけです。

ホント、カラダは精神的にもボロボロにもなりますが、乗り越えないと何も始まらない、と思ってます。

あらゆるエネルギーを使うことで自分の活性化にしているのかもしれません。


>さちさん
ご無沙汰です。

いや、冗談にもならないことだと思っていますし、理解されないのであればとことんカラダを張って倒れちゃうまで現実を見てもらうしかない…とか考えてしまったりもします。

いろんなコンプレックスでもそうですよね、そうなったり思ったりした人しか気づかないし分からない…コンプレックスでの解雇は差別的なのでないと思いますが、我々の症状では理解されなかったら十分あり得ることです。

経験しないと分からない、では済ましたくないことですから、理解してもらいたいところですね。

投稿: しんイチロー | 2010年9月22日 (水) 00時12分

しんさん
コメント久しぶりになります。

本当に「鬱」にもなります。
痛みやめまいというのは本当にストレスですね。

脳脊髄液減少症、下手なことを言うと真っ先にリストラの対象とされますね。鬱病でも同じでしょうが。。。

無理してでも笑顔を作る、そうしないともっと辛い目に遭いますね。

見た目では分からない病気、これはなった人にしか分かりませんが、それが分かるようになったのは人間的な成長でしょうか。

投稿: さち | 2010年9月21日 (火) 08時34分

常に前向きな姿…私はしんイチローさんのそんな姿勢に
いつも励まされ、頑張らなくては!!と思っている一人です。

先日、ちょっとした講演会に行ってきました。
そこで、言われたのが、「エネルギーは使うと減る。」
「バイタリティー(元気)のサイクルを回しなさい。ストレスが力になる。」と。

今日も笑顔で頑張ります♪

投稿: スタッフあかもも | 2010年9月13日 (月) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/36686322

この記事へのトラックバック一覧です: 脳脊髄液減少症=軽度外傷性脳損傷ではないのか?:

« 近々の雨で都市水没?翌年は… | トップページ | 高速道路の割引、どうなる? »