« 省エネ設備導入の資金調達に悩む企業様へ | トップページ | 気温上昇、電力減少・・・カラダを維持するためには »

2011年6月23日 (木)

毎月50,000本のLED在庫がなくなる

自分の推奨している器具交換不要で世間のメーカーよりも安価で素子もよく、過去にも大きなところに導入されていた蛍光灯タイプのLED
減価償却も早く済むだけでなく、その他の削減方法も提案してきたが、紹介しすぎでLEDの方の在庫が切れた。小ロットの分も既に昨日でなくなる。

毎月5万本生産をしているが、これからの電気代のことを考えると早期導入に越したことはないのだが、納期が遅れてしまうことが判明。受注してから早くて30日、遅くとも45日は待ってもらう状況になった。これも状況からして遅延する可能性も否定できないが、ここ急なこと。こちらも想定外。

今後の対応を確認すると10万本生産に増やすと回答を貰ったが、ただ問題なのは素子がない。最近はパソコンやテレビのバックライトに採用されたりと格段と需要が伸びているのに対し、供給が間に合わない状態。
粗悪な素子はどこにでも転がっているだろうが、そういったものを使うとばらつきが生じるために採用できない。

このブログで何社も無料でシミュレーションし、導入されているが「とりあえず10本」という話でも連絡してみたら倉庫の在庫は1本もなくなった、と昨日連絡があった。

関西電力も15%削減から10%要請に落としたが、関西はどちらにせよピーク時はピンチ。原発がシェアを占めているために見通しがたたない状態。
省エネ設備に疎かった会社も今後、火力に発電を切り替えるとなると電気代が上がることは確実で、それを伝えた会社はなんとかしなくては…ともがくが、なんせ不況。電気代に圧迫されて倒産・・・なんて聞いたことがないが、あり得るかもしれない。

「高い」、「まだ下がる」と思っていてもここ数ヶ月でレアアースの値段も高騰、現状下がる事は難しい。

なのにシミュレーションした会社様は分かるだろうが、今になって価格を見て急に導入検討が出てきているのは備え(新型インフルエンザパニック)を考えていない証拠。需要と供給が間に合わなくなると備蓄意識も高まるのだが、最近の日本人は忘れやすいのか尻に火がつかないと動かないのだろうか。その時はマスクのように品切れになるのも分かるのに・・・いつも不思議に思う。

これから夏。相変わらず天変地異は起こっている。それだけ地球環境自体が喘いでいるという証拠。早く手を打たないと東日本大震災が東日本大飢饉になるやもしれない。
それを祈るばかりだ。

flairご案内flair
本気で考えている企業様には是非お問い合わせメールください。
他にも0円で提案できる事がたくさんありますので、会社概要等(資本金、、従業員数)も書いていただければ幸いです。LEDに関しては蛍光灯や水銀灯の数、契約電力(1kw/h)、1日の使用時間、月間稼働日数も添えていただければシミュレーション(無料)もいたします。

ちなみに自分が推奨している蛍光灯型LEDはコチラ

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久マイナスイオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

汚れも分解する自然の力を発揮した容器。中に水をいれるだ

防災グッズとしてもご活用ください。 

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

|

« 省エネ設備導入の資金調達に悩む企業様へ | トップページ | 気温上昇、電力減少・・・カラダを維持するためには »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/40516127

この記事へのトラックバック一覧です: 毎月50,000本のLED在庫がなくなる:

« 省エネ設備導入の資金調達に悩む企業様へ | トップページ | 気温上昇、電力減少・・・カラダを維持するためには »