« 毎月50,000本のLED在庫がなくなる | トップページ | 蛍光灯型LED導入の際のポイント »

2011年7月 2日 (土)

気温上昇、電力減少・・・カラダを維持するためには

震災、そして原発の影響で電力不足になった日本。そんな矢先に気温が上昇している今日この頃。「扇子がないとナンセンス」と本気交じりの冗句を口走りたくなる人もたくさんいる?かな・・・(自分だけだったりして^^;)
それだけ地球温暖化との影響がダブルでやってきた夏。
節電は出来ても人間のからだ自体は今の環境では熱中症など増える可能性が高い。

一番暑い時間帯が当然電力のピークにあたるわけで、アスファルトから蜃気楼が出る熱と照り付ける太陽光線とのダブルパンチ。へたり込むにも火傷しそうなほどだ、いや、するだろう。

去年でも家の中で熱中症で亡くなった方がいる。今年はさらに厳しい状態になりうる。

ということで、少なくとも体内維持が大切。健康管理も含めてだが、当たり前のような実践を心がけることで防ぐ事は可能なので、分かっている方も含めおさらいをしようと思う。

こんなチェックリストがある
□火を使わない料理が多い
□食事は麺類やアイス、果物など簡単に済ませがち
□野菜はほとんど食べない
□冷たいジュースや炭酸飲料、ビールをたくさん飲む
□水分を控えて汗をかかないようにしている
□冷房の効いた場所にいることが多い
□暑いので入浴はシャワーで簡単にすませる
□寝るときもクーラーをかけっぱなしで寝ている
□夜遅くまで起きている
□運動はほとんどしない

3項目以上のチェックがあれば要注意。
これは夏バテ防止のためのチェックリストで、生活習慣が影響を及ぼすということだ。
簡単にいえば上記と逆のことをすれば夏バテ防止になるということ。

大切な事は水分補給と睡眠。水分補給はガブ飲みではなく一定間隔で補給する事が望ましく、常温がベスト。冷たい飲み物で一気にカラダを冷やすと胃腸の働きを低下させたり、免疫力低下にも繋がるので避けたほうがいい。甘いジュースや炭酸飲料は、なんと500mlに30~50g程度の砂糖が入っているため 、砂糖の摂りすぎは疲労感を増強させる。
ちなみにビール(アルコール)やコーヒー等は利尿作用が激しいので水分補給に価しない。


食事もダイエットとは言わず、炒め物など油分を含んだ料理がカラダを活性化させる。そしてビタミン等の補給。暑さでビタミンやミネラル・たんぱく質はどんどん消費するので摂取が大事。品目を増やす努力を心がけるのも一つの方法とされる。

日常で気をつけないといけないのはクーラー代わりに扇風機が今主流になりつつあるが、風にずっと当たっているとカラダがだるくなるだけではなく、脱水症状を起こす危険性もある。カラダからは常に汗という水分が放出しているわけで、その気化熱により体温を奪われ、そのうえ体内の水分も奪われていくので、特に寝るときは直接風を身体に当てないようにして寝ないといけない。昔はこれで死亡した人は結構いるのだ。

この夏、節電したお金で食事にウエイトを置くのもいいかもしれない。
1人でも暑い夏を無事、乗り越えられますように。


flair節電で利益を・・・ご案内flair
本気で考えている企業様には是非お問い合わせメールください。
他にも0円で提案できる事がたくさんありますので、会社概要等(資本金、、従業員数)も書いていただければ幸いです。LEDに関しては蛍光灯や水銀灯の数、契約電力(1kw/h)、1日の使用時間、月間稼働日数も添えていただければシミュレーション(無料)もいたします。

ちなみに自分が推奨している蛍光灯型LEDはコチラ

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

半永久マイナスイオン活性熟成スプレー(花粉症・細菌等)であらゆるものをブロック!

汚れも分解する自然の力を発揮した容器。中に水をいれるだ

防災グッズとしてもご活用ください。 

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン

|

« 毎月50,000本のLED在庫がなくなる | トップページ | 蛍光灯型LED導入の際のポイント »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/40637138

この記事へのトラックバック一覧です: 気温上昇、電力減少・・・カラダを維持するためには:

« 毎月50,000本のLED在庫がなくなる | トップページ | 蛍光灯型LED導入の際のポイント »