« 長崎で作品展 第5回 -和と洋の出会いinふるさと長崎- | トップページ | 大幅な値上げがないうちが電気代の節約(待ったなしの危機・企業編) »

2012年4月22日 (日)

大幅な値上げがないうちが電気代の節約(待ったなしの危機・家庭編)

大地震で原発問題が発生し稼動させることも厳しい状態の中、いよいよ気温が上がる季節がやってくる。ましてやただでさえ地球環境で起こっている異常気象が拍車をかけるように経済を混乱させている世の中。

生活上でも企業でも今年の夏の電力供給は厳しい現状であり、このままでは経済活動にも影響する。電力会社での問題点よりも、安定供給されるかどうかが一番の問題であり、一体となって節電に努めないと危険なのだ。

電気料金の値上げについて問題になっているが、既に上がっているのは気づいているだろうか。電気料金とは別に「燃料調整費」という枠があり、ここの数字がどんどん上がっていっているのだ。
前記事参照:電気料金の明細を見れば分かる不思議なからくり(実質値上げのはじまり)


こういった状態で経済危機も同時に乗り越えなければいけない。

経営者サイドは人件費削減が一番大きなコスト削減になるためにあらゆる削減に取り組んだ結果、リストラをする。勿論、早々にリストラするところもあっただろうが、雇用を守りたいところでも会社が倒産すればもっと大変なことになるだけに渋々賃金カットやリストラが進む。

そうした経営をしてもこれから先はもっと経費も税金も増える時代はやってくるようで、本当に「先進国日本」と言えなくなる状況が近づいているようで不安だらけだ。

不安要素はきりがないほどたくさんあるが、そんな怯えてばかりいては前にも進めない。


さて今回の本題は夏に向けての電気に焦点をおいた節約のはなし。

節電のために在庫が急に不足した扇風機も今年は安定して生産されているようだが、肝心な電気が家庭や企業に届かないと当たり前のごとく使うことも出来ない。
原子力発電の供給が完全に止まっている状態で日本特有の「梅雨」を乗りこえないと夏には入らない。
エアコン稼動が激しい時期でもあるが、果たして乗りこえられるのだろうか。

意識の問題だが発展した経済成長での電力増大は否めない。一般家庭の場合の世帯数でも単独世帯数が20年前と比べても700万世帯以上の増加、一戸あたり1kwだけの使用で日本全体で700万kwが使われる。各家庭でトイレの白熱灯20Wを全世帯が一斉に灯けたと仮定すれば全国5,000万世帯と換算して100万kwの消費。それを白熱灯タイプのLED(7W前後)に全世帯が変えるだけでも35万kwまでの消費で済む。

しかし実際はトイレの白熱灯の割合よりも蛍光灯や家電製品の消費を考えればこんな単位では済まなくなるのも当然のことで、年中動かしている冷蔵庫は殆どの世帯にあるのだ。ここに梅雨時期からもっと消費電力のいる「エアコン」が常時使用されるとなれば・・・

家庭での電力だけでも相当たる電力が必要。
各戸の心がけで状態は全然変わってくるかもしれない。

家庭での電気代削減の必須項目

トイレの電球をLEDに変える。
冷蔵庫
 ・冷房は28℃、暖房は20℃を目安に
 ・冷房は上向き、暖房は下向きに
 ・こまめにフィルターを掃除
 ・風量は弱風や微風よりも、自動運転で(効率が良い)
 ・室外機の上に日よけを作る
 ・内部のクリーニング
■テレビ
 ・上に物を置かない
 ・冷凍庫は詰め込んで!
 ・開閉回数や開閉時間を減らす
 ・隙間を空けて通気をよく配置
 ・詰め込みすぎない
 ・冷気が逃げにくいようにカーテンを貼る
 ・熱いものは冷ましてからしまう
■洗濯機
 ・まとめて回数を減らす
 ・浴室乾燥機や乾燥機・乾燥機能は使用しない
 ・洗濯機の許容量以上つめない
 ・スピードコースを使う
 ・すすぎ一回の洗剤を使う
■使用を控えた方がいい電化製品
 ・電気ポット、乾燥機、食器洗い乾燥機、温水洗浄便座、コーヒーメーカーなど。

テレビやビデオなどのコンセントを抜く事も節電には繋がるが、時計や設定を狂わすことになるので、上記の項目をキチンとすれば補えるだろう。

古い冷蔵庫やエアコン、テレビがあるならお金はかかるが買い替える事によって消費電力の少ないものが出ている。
「安いから・・・」と商品に飛びつく前に電力数を見極めての購入を勧める。
電気代の年間での支払いを考えると多少は計算し易くなるだろう。そのまま使用し続けるよりも使用状況によれば数年で償却できる。

パソコンのディスプレイにしてもバックライトがLEDだと電力はグンと落ちる。ブラウン管が100WくらいするとすればLEDバックライトだと最大35W程度。電力は約3分の1なので本体を買い替えなくてもディスプレイだけなら安いはず。
いろんな工夫は必要だ。

今から乗りこえないといけない事に買い替え促進も大切な事。
長く使うものならトータルコストを考えてみれば「高い」という言葉は出なくなる。
こんな表を作って計算してみればいい。
Cocolog_oekaki_2012_04_22_03_27
商品代÷(いつもの月の請求額-これからの月の請求される電気代)=○ヵ月で償却
ここの○ヵ月が何十年もかかるようであれば買い替える必要性はない。

参考になれば幸いです。
電力会社や国に怒ったりしていても埒はあかない。現実は目の前。
みんなですれば停電しないかもしれませんし、家計の助けにもなりますよね。

生活も環境もエコで!!

次回は企業向けに書きます。
LEDの選び方、レンタルor購入、メリット、蛍光灯の間引き節電についてなど。

ハロゲンタイプ、蛍光灯、水銀灯の電気代削減(初期投資ゼロも可能)を検討されている企業様、店舗様はこちらでシミュレーションします(無料)。

clipいつもの情報、掲載中clip

   clubclubclub花粉症情報clubclubclub

Sn3d0427jpgk Bgt

 

Idxnavigeki_f2

これさえあれば坂道も楽チン!

エンジンも甦る優れもの

 

        diamonddiamonddiamond黄砂情報 diamonddiamonddiamond年間500万トン! 

   dangerdangerdangerインフルエンザ情報dangerdangerdanger  要チェック!・・・

都夢創家 まさかのエコ商材、地域代理店募集

↑「都夢創家」のサイトです↑

TREview ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキングへ ブログ王 blogram投票ボタン


|

« 長崎で作品展 第5回 -和と洋の出会いinふるさと長崎- | トップページ | 大幅な値上げがないうちが電気代の節約(待ったなしの危機・企業編) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

宣伝」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/44974650

この記事へのトラックバック一覧です: 大幅な値上げがないうちが電気代の節約(待ったなしの危機・家庭編):

« 長崎で作品展 第5回 -和と洋の出会いinふるさと長崎- | トップページ | 大幅な値上げがないうちが電気代の節約(待ったなしの危機・企業編) »