« 北朝鮮の挑戦? | トップページ | おいしい昼食 »

2018年4月23日 (月)

痛みやつらい時の解決策

この歳になって周囲から見られてはただのアホにしか思われないかもしれません。

でも・・・
痛いから仕方がない。
苦しみから解放されたい。
そんな自分がやっている解決策をお伝えしようと思います。
ほんと、周囲から見られていると恥ずかしくて出来ない、という方もいらっしゃるとは思いますが、是非ともチャレンジしてみてください。
1、大人になるとプライドやポリシー、世間体という概念がついてまわりますが、
それを忘れる瞬間を作ってください。
2、自分が何も知らない赤子のような気持ちになってください。
3、自分の好きな動物を想像してその鳴き声をまねて、なりきって今の現状を声に出してください。
(猫ならニャ・ニャニャ・ニャ・ニャーなど)
4、そしてその動物になりきって自分の表現を体で表してください。
何故か痛みが軽減します。
「言霊」という言葉があるように、
声に「痛い」とか「しんどい」というのを言葉に出すとそれが現実化して本当にそうなると言われていますし、現実そうでした。
それを犬の言葉や猫の言葉に置き換えて声に出せば、実際にそれと同じ意味を持つとは限らないわけで、自分のカラダとは違う働きをもつのではないか、という私なりの説です。
猫語は分かりませんが、全部鳴き声が同じではないのが面白いところですよね。
下の動画は僕のお友達との会話です。

よかったら見てください=^*^=

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
 

|

« 北朝鮮の挑戦? | トップページ | おいしい昼食 »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/73347311

この記事へのトラックバック一覧です: 痛みやつらい時の解決策:

« 北朝鮮の挑戦? | トップページ | おいしい昼食 »