« 日本の拉致被害者も解放を! | トップページ | すごいな、大谷翔平! »

2018年5月11日 (金)

ペットボトルが大ピンチ?

ペットボトルのリサイクルが岐路に立たされているようです。

 
ここ10年間、再生資源として有償取引が定着していた中国の環境規制の強化によってペットボトルの輸出ができなくなっているそうです。
 
つまり、日本では再生されていないということです。
 
日本で再生すればコストはかかりますし、この状態のままであるとペットボトルのゴミが溢れかえり、結局は焼却という流れか、日本で再生をすることによってペットボトルの容器を使用する商品は間違いなく値上げされることでしょう。
 
 
NHKのクローズアップ現代でも取り上げられていました。
 
ペットボトルに限らず、プラスティック製品全てに影響がでることでしょう。
 
そうなると消費する我々も行く先を考えて行動しないと日本はプラスティックのゴミの山が待っています。
 
とても加工に便利なモノというだけあって、生産するのは容易ですが廃棄やリサイクルに関してはシビアにならざるを得ないです。
 
いろんな問題を抱える日本、さらに問題を抱えそうです。
 
せめて自分が出来ること・・・無駄なプラスティック製品を買わないことかな?
 
1gの金を1,000個集めたら1kgの金塊が出来るように小さなことも大切にしないといけないと感じる今日この頃です。
 
 
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

 
 

|

« 日本の拉致被害者も解放を! | トップページ | すごいな、大谷翔平! »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし・生活」カテゴリの記事

現代・社会」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経費削減・ランニングコスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067019/73456727

この記事へのトラックバック一覧です: ペットボトルが大ピンチ?:

« 日本の拉致被害者も解放を! | トップページ | すごいな、大谷翔平! »